Kanon 第14話 「舞、カコイイ!」

20070109020216.jpg


20070109010605.jpg


名雪はいつもどおり睡眠モード。
まだ目が覚めていません。

20070109010613.jpg


しかしあゆが食べてみたいと思っていた謎ジャム降臨。
名雪の目がパッ!と見開き、祐一と逃げる体勢に。

あゆはこの後地獄を見るとになりました。


20070109010620.jpg


背後では楽しそうにトーストにジャムを塗る秋子さんの姿が(笑


20070109010630.jpg


登校途中、祐一は名雪からうさみみのヘアバンドを渡されます。
思わず付けてみるものの、これは舞へのプレゼントだったようです。


20070109010639.jpg




祐一はヘアバンドを見ていて何かを思いだしそうでしたが、結局思い出せませんでした。


20070109010646.jpg


昼食時にいつもどおりのところに祐一が行っても佐祐里がいませんでした。
日直で遅れると舞が教えてくれました。

祐一とは舞は暇なのでしりとりで時間を潰しました。
でも舞は動物の語尾に必ず「~さん」を付ける癖があるので、全敗でした。


20070109010654.jpg


佐祐里に話を聞くと「舞はしりとり弱い」と言ってました(笑


20070109010701.jpg



祐一が屋上で特訓していると舞参上。
人間相手のトレーニングです。

祐一は劣勢でした。
舞の運動神経のよさは異常でした。

20070109011611.jpg


今までは全部避けられていたのですが、気合を入れてようやく舞の竹刀に命中させることに成功。
舞は「上出来」と言いました。

そこへ佐祐里出現。
舞と対峙してやり合う始末。


20070109011622.jpg



ひし「この佐祐里さん萌えすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwどことなくみくるちゃんに似てるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



20070109011630.jpg


ですがあっけなく舞に払われて木刀を落としてしまいます。
佐祐里が「私邪魔かな?」と舞に問うと、「邪魔」とはっきり言う舞。

それを聞くなり佐祐里は走り去ってしまいました。


20070109011639.jpg


人との付き合いが上手でない舞に対して、祐一は哀れみの気持ちを抱きました。


20070109011648.jpg



その後祐一はどうにかして佐祐里と会うことが出来ました。
喫茶店で一息つきます。

そこで祐一は佐祐里に舞がしていることを知っているか、尋ねてみましたが、知りませんでした。

祐一は佐祐里の過去をここで聞きます。


20070109011655.jpg



佐祐里はお嬢様として生まれ、礼儀正しく周りの評判もかなり良い環境で育ちました。
やがて弟が生まれることとなって佐祐里はお姉さんになりました。
一弥という名前でした。
しかし一弥は佐祐里と違って、もの覚えが遅い子だったので、そう上手くはいきませんでした。

佐祐里はスパルタで一弥に礼儀や作法を教えました。
しかしそれは佐祐里が本当にやりたいことではなく、家のしつけとしてのことだったのです。

本当は頭を撫でてやりたかったり、いろいろなおもちゃを買ってあげたかったのでした。

そしてある日、一弥が病気にかかり入院することになりました。


20070109011702.jpg



寝込んでいる一弥を見てさすがに居てもたってもいられなくなった佐祐里は夜中にこっそり家を抜け出して、一弥のいる病院へ。

一弥はお菓子やおもちゃを持っていってあげました。


20070109011710.jpg


一弥は最初怯えていましたが、徐々に笑顔になっていきました。
おして佐祐里と一緒におもちゃで遊んだり、お菓子を食べたりして過ごしました。



20070109012018.jpg


一弥は満面の笑みと涙で佐祐里に感謝しました。


ひし「ここはマジで感動するよ(泣」


20070109012028.jpg



やがて一弥が死去してしまいます。
佐祐里は一弥を幸せにしてやれたかどうか、考えていました。

この時から佐祐里は自分を名前で呼ぶようになりました。

佐祐里は舞を助けているのではなく、むしろ助けてもらったほうでした。
舞と会うまでは全然笑わなかったそうです。


20070109012035.jpg


この喫茶店で流れている曲を祐一に問いました。

どうやらKanonという曲らしいです。

一時、佐祐里と祐一は別れました。
舞の誕生パーティを祝うために後々舞の家に集合ということにしました。

20070109012043.jpg



帰ってあゆの謎ジャム感想を聞きました。
やっぱり違和感を覚える味だったそうです(笑

20070109012052.jpg



名雪の夕食だと言われるも、当然パスする祐一。
舞のところへ行かなければならないからです。


20070109012059.jpg


舞は学校にいます。
しかし佐祐里にそれを知られるわけには行きません。
だから祐一に先に学校へ行き、舞に家へ戻るように行きました。


20070109012108.jpg



と、ここで佐祐里から水瀬家へ電話が。
実は祐一は事前に「料理が出来たら電話してくれ」と佐祐里に行ってあったのです。


でも、事情を知らない秋子さんは祐一が居ないことを伝えてしまいました。


そのことに今更気づいた祐一は急いで水瀬家に電話をしました。
が、時既に遅しでした。

祐一が舞に会いに行くとなれば、佐祐里は必ず学校へ来ます。
何故なら佐祐里は舞と祐一が夜していることを、本当は知っていたからです。

祐一は急ぎました。

20070109012115.jpg



ひし「佐祐里さんのアリクイ姿かわいいwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


20070109013438.jpg


佐祐里は祐一が学校に行くより早く来ていました。


20070109013445.jpg



舞を探し歩く佐祐里。
そこへ魔物到来。


20070109013452.jpg



祐一が学校へ着いて舞を発見すると舞は倒れました。
そこにおぞましい光景があったからです。



20070109013458.jpg



佐祐里が魔物にやられて血まみれになっている姿でした…


20070109013505.jpg



なんとか一命を取り留めたものの、かなりの重症を負った佐祐里。
医者が何があったかを聞く前に祐一と舞は姿を消していました。



20070109013512.jpg



帰り道、舞は激怒。
佐祐里を傷つけてしまったことに苛立ちを覚え、剣を祐一から奪い辺りをめちゃくちゃに破壊します。

祐一は後ろから羽交い絞めにして破壊行動をやめさせ、剣を弾き飛ばし舞と向き合います。

20070109013520.jpg


舞は泣いていました。


20070109013531.jpg



祐一「自分を傷つけて… それでどうなるっていうんだ!! 

全てを失うだけだぞ!!」



ひし「ここも感動するねぇ・゚・(つД`)・゚・」


祐一は舞を抱きしめました。



20070109013542.jpg



残る魔物は3体。
そして二人は今夜中に決着をつけることを決めました。


つづく…






関連記事
[ 2007/01/09 ]
Kanon | TB(0) | CM(3)

全俺が泣いた
さゆりさんにリストカットの傷もあったし(よく見ると分かる)・・・(´;ω;`)ウッ
[ 2007/01/10 ] [ 編集 ]

遅くなりましたが…


うぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!さゆりさぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[ 2007/01/10 ] [ 編集 ]

たまには狐のことも思い出してあげて下さい(´;ω;)
[ 2007/01/09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/485-99a17a41