Kanon 第13話 「舞、舞う時(なーんちて☆」

20061231013216.jpg


20061231013129.jpg
20061231013140.jpg20061231013146.jpg
20061231013152.jpg20061231013200.jpg
20061231013208.jpg20061231013222.jpg
20061231013643.jpg20061231013652.jpg



いつもどおり、名雪と登校する祐一。
と、そこへ急いでいるらしい潤が。

舞の話だそうです。
その話を聞くなり祐一は学校へダッシュしていきました。

生徒会室では舞の退学が危ぶまれていました。
佐祐里がなんとか舞のせいではないと弁解をしていますが、生徒会長のメガネ君が鋭い眼差しと、言葉でプレッシャーを掛けてきます。


ひし「久瀬テラウザスwwwwwwwwwwwww」

佐祐里が困っているところへ祐一登場。
上手いこといってごまかしたつもりですが、久瀬の前にあえなく轟沈。

二人が口を絞っているところへ、潤が来て上手く言い訳してくれました。
舞の責任を潤がかばってくれたのです。

そして祐一はこの時、初めて潤のことを「イイ奴」だと思ったのでした。

佐祐里にも感謝され、満足げな潤。
佐祐里の怪我について祐一は問いましたが、大丈夫そうでした。

と、そこへ舞が登場。
舞は自分が退学させられそうになっていたことさえ知りませんでした。
祐一は、「佐祐里さんに感謝しろ」と言うのでした。


20061231013659.jpg20061231013708.jpg
20061231013715.jpg20061231013716.jpg



この日も栞と会いました。
祐一は香里のことを栞に話すと、「お姉ちゃん」だと言いました。
ただ、後から「その人は自分のお姉ちゃんと同姓同名」だと言って隠しているようにも思えました。

何か事情があるのでしょう。

チャイムが鳴ったのでお別れです。
別れ際に祐一は「今度どこかへ遊びに行かないか?」と誘いました。
栞は嬉しそうでした。

祐一と楽しそうに話している栞を香里は階段の窓から見つめているのでした…


20061231013723.jpg
20061231013733.jpg20061231014941.jpg


舞と食事を取った後、廊下で久瀬出現。
また舞のことでグチグチと言ってきます。


ひし「こいついい加減空気嫁(#######^ω^)ビキビキ」


しかし、


舞「許さないから… 佐祐里を傷付けたら、絶対に許さないから。それをよく覚えておいて」


ひし「舞かっKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

久瀬は捨て台詞を残して去っていきました。



20061231014949.jpg20061231014955.jpg



放課後、祐一も舞の手助けをするために借りてきた木刀で素振り開始。
相手に困っていると、後ろからバケツが。

直撃する祐一。
舞でした。

少しの会話後、今度は消火器が飛んできました。
なんとか叩き割るも、中身が漏れて尻餅をついてしまう祐一。

舞は話にならなそうに去っていきました。



20061231015003.jpg20061231015011.jpg
20061231015019.jpg20061231015027.jpg
20061231015033.jpg20061231020301.jpg
20061231020309.jpg20061231020315.jpg



夕方、学校帰りのあゆと出会いました。
あゆの学校は森の近くにあるようです。


ついでにあゆを舞のところへ連れて行く祐一。
あゆは暗いところが苦手なので、祐一にべったりとくっついて夜の学校へ赴きました。

舞と対面。
無口な舞に違和感を覚えている様子。


あゆ「舞さんって不思議な人だね…」

とりあえず話しかけるあゆ。
あゆは魔物のことを聞きました。
舞曰く、あと5体いるようです。

祐一があゆをここに連れてきたのはあゆの探し物を見つけてもらえないか?ということでした。
真琴のことも舞は多少は知っているようだったので、もしかしたらという判断でした。


でも舞は「私には何も言えない。たぶん、私が見つけても意味がない…」と興味深い返答でした。


舞と一緒にいなければならない祐一はあゆを先に帰らせようとします。
しかし道中暗いのであゆにとっては地獄でした。

ここで舞がせんべいを出すと同時にあゆ髪をふわりと撫でてあげると、あゆはキョトンとしておさまりました。

どうやったのかを聞く祐一。
しかし舞の返答は自分しかわからないようなことばかりでした。

祐一はその言動に腹を立ててしまい、怒ってしまいます。
そこへ魔物到来。


祐一が先陣切って突撃して木刀を振り回しますが、スカる始末。
舞が後から来て、トドメを差しました。


舞「余計なことはしないでほしい」

と祐一に後から言います。
その言葉をきっかけに舞と祐一は喧嘩してしまいました。

しかし舞の去り際、祐一は舞のことが大好きだと伝えました。
舞は横目で必死になって叫んでいる祐一を見て、行ってしまいました…


20061231020320.jpg20061231020329.jpg



翌朝、名雪の睡眠モードでなんとなくどうでもよくなってしまうという考え方を知る祐一。


ひし「名雪癒されるわ~(*´∀`*)」


20061231020336.jpg
20061231020342.jpg20061231020348.jpg
20061231022048.jpg20061231022055.jpg
20061231022101.jpg20061231022107.jpg



翌日、昼食時に舞と喧嘩中であることを佐祐里に伝える祐一。
しかし舞はそんな風に見えない気が…

で、佐祐里と舞が出会ったときのことを聞く祐一。
舞と佐祐里は一年のころにとある事件がきっかけで親友になりました(メンドイので省略)

放課後、佐祐里に待ち合わせを申し付けられる祐一。
明日は舞の誕生日らしいのでプレゼントを選びに行こうと言ってきました。


デカイぬいぐるみを買うことに決定。
発見したのがアリクイのぬいぐるみ。

佐祐里はそれにキュピーン!と反応し、買いました。
あまりにもデカイので佐祐里はかぶってもって帰りました。
その姿は滑稽でした。


20061231022116.jpg
20061231022122.jpg20061231022129.jpg
20061231022136.jpg20061231022143.jpg



この日の夜も舞と一緒に学校に来た祐一。
舞の親友について聞きました。
舞は昔、一人だけ親友がいたようです。でも今はもう居ないのでした…


そうこうしているうちにまた魔物出現。

今度は、なんと2体。
まさに挟み撃ちです。


片方を舞が撃破する間、もう片方を祐一は持ちこたえるという相談をしました。

祐一は必死に魔物の攻撃を受け止めます。
しばらくすると舞が駆けつけてくれて助けてくれました。
しかし撃破したのは1体だけでした。

で、ここで重大なことが舞から告げられます。


舞「魔物が狙っているのは私じゃない…、祐一…


祐一、貴方… 誰?」


つづく…





関連記事
[ 2006/12/31 ]
Kanon | TB(4) | CM(1)

おはようございます♪
祐一って人間じゃないんでしょうか…?
真琴に続き、祐一までキツネ!?
[ 2007/01/03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/472-0d7f5137


(アニメ感想) Kanon 第13話 「あぶなげな三重奏~trio~」

Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2007年 02月号 [雑誌]舞踏会に突如現われた謎の魔物。佐祐理に襲い掛かろうとしたそれに剣を抜いた舞でしたが、周囲の反応は冷ややかなものでした。そして、舞の行動を重く見た生徒会は彼女を退学にすると言い出したのです・・・。
[2007/01/04] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

Kanon 第13話 あぶなげな三重奏~trio~ 感想

Kanon サイズ:M生徒会長が舞を退学にすると言い出すが、佐祐理さんの訴え・祐一の機転・北川のフォローで何とか免れる。祐一と舞・佐祐理さん中心のお話です。『あぶなげな三重奏~trio~』。今日も仲良く名雪と登校です。名雪はコートを着なくても平気な....
[2007/01/03] URL アニメ感想ブログ

♪明けオメ♪ kanon 第13話「あぶなげな三重奏 ~trio~」

新年明けましておめでとうございマス~~m(_ _)m・・・つーワケで、今年最初の記事はkanonデス♪
[2007/01/01] URL 神音の萌え源泉

としのはじめの、ためしぞめ。4点●

本日の演目・アニメレビュー(Kanon)
[2007/01/01] URL ブログの果てからこんにちは。