名前も顔も居場所も知らない。 実在するかさえわからない。 お前を必ず見つけ出す――

Capture6543



景の海のアペイリア 感想
■シナリオ

綿密に考えられ、実にロジックに富んだSFシナリオだった……(感服)



1



ルート構成は三羽、ましろ、久遠の三人をクリアした後にアペイリアに移行する
アペイリアをクリアするとTrue Endまでは一直線です
誰を先に選んでも必ず最後がアペイリアになるため、三人は順不同で構わない
個人の好みで宜しいかと思います
俺はましろ→久遠→三羽の順番でクリアしました
エロゲでは個別ルートが終わるとタイトルに移行し、予めセーブした選択肢のシーンをロードして違う選択をするというのが一般的なルート分岐に至る仕様です
本作の面白い点の一つはタイムリープネタである事を最大限に利用し、誰かを選んでエンディングを迎えた後でも、タイトル画面に戻る事はなく自動的にシナリオが進行するようになっている
つまりゲーム開始からTrue Endまでプレイし続ける事が出来れば一度もタイトルに戻る必要がない
まぁそれは1日が24時間であるという世界に生きている私達には不可能に近い話ではあるが、タイトル画面に戻らずゲームが進行しているのはループものとして評価している
しかも驚くべきなのは三人をどの順番でプレイしたとしても矛盾が生じず自然に進むのである
アペイリアルートに入るまでは合計6パターンあるがそこに行くまでの自由度が高いと言った方がいいかな
全クリ後に他の選択肢はどんな風になっているのだろう、と気になって全部試してみたが、文章の差異が少しあるだけだった
昔のエロゲと違って最近のものは選択肢が少なくなってきているので(家族計画とか3daysは地獄だったw)個別ルート突入はかなり易しくなってきてますね
中々個別に入れないのは別の意味で燃えてくるんですがw
各人のENDはあるものの、それが本筋に一端を担っているものだと感じているので分割して書くのはやめておきます
個が全を形成している印象が強く、一本道と言ってもいいんじゃないかと思っている

さて、この作品の凄まじさは論理を極めたようなシナリオ展開である
『範乃秋晴』、貴方の名執筆ぶりには大変感動させられ、脳内に名前がインプットされました
拍手を送りたいほどの緻密な構成ぶりでしたね
タイムリープの仕組みをわかりやすく図解で説明してくれたのはとても助かりました
それに伴い、主人公である零一の脳内で構築されるあらゆる可能性を考慮し、"あるかもしれない"という確率の世界を華麗に描いている
正直タイムリープ関連は当方がプレイしたどの作品よりも精密でしたね
あまりにも仔細に解説され過ぎていて、ここまで組み立てたのが恐れ入るとしか言いようがありません
透徹したシナリオは天才的でした


零一が"観測者"にループさせられていると勘付いたあたりからは爆発的に面白くなり、犯人探しのような話運びとなる
G戦場の魔王の魔王を追うような流れが大好きでした
個人的な予想としては"観測者"は一空観と目星を付けていたんですがこんなのはまだまだ序の口でしたねw
完全にライターの掌の上で踊らされていました
そもそもシンカーの正体さえわかれば、この作品は結末を迎えるだろうと思っていた
しかし彼は自らの素性を一切明かさず、痕跡となるようなものは極力残さないようにしていた
何となく仮面をしていても空観と髪型が似ていると思っていたので彼なのでは? と自分の中でシンカー=空観に固定されてしまっていた
空観が製作した試作段階のシンカーシステムが出てきてからは更に確信が強まってしまったのですが、この時点で術中にハマっている事にすら気付いていませんでしたw
バウンダリーⅡを制作した空観は白で黒幕とは縁遠い存在だった
セカンドにいるブックマンが空観のスワンプマンだった事も衝撃だったなぁ

スワンプマンの講釈が凄く面白かったので述べていく
雷に打たれて即死した瞬間にオリジナルの人間と全く同じ人間が生まれたとする
その新たに生まれた人間は果たしてオリジナルと同一の存在と言えるだろうか?という議論
思考も記憶も性格も一切が同じだとすると厄介である
これを同一と見做すかそうでないかは人によって分かれそうだが、俺は零一と同じく別物であると定義したい
最たる理由は命の所在ですね
例え姿形が全く同じ人間が生まれたとしてもそいつはオリジナルにはなれない
第二の命には変わりにからである
元々あったオリジナルの命は唯一無二のものであり、結局それを取り戻す事は叶わないと思うからです
しかしセカンドにいたブックマンは空観の邪心を顕現させたような考え方をしており、これを同一と断言する
オリジナルに成り代わる事が可能なのだと
確かに他者からみたら絶対に見分けが付かないような存在だとは思うが、別人である事に変わりはないと思う

シンカーがセカンド内にだけ存在する超高性能なAIな上に零一のスワンプマンであったのも吃驚でしたね
零一と同等の存在であったからこそ、裏をかくような動きを取ってきたし、常に出し抜くような行動を取れたわけだ
つまり自分VS自分だったわけなんですよねw
ただし、シンカーはその名前の通りThinker(考える人)なので驚異的なまでに頭の回転が速い


6552



シンカーシステムを信じられないような方法で完成させていたのは素晴らしいの一言でここは何度読み直しても秀逸です
永久子さんが犠牲になっていたのは悲しかったけどね……

シンカーが提唱していた多世界解釈論と零一が考える単一世界論が火花を散らす場面も見応えがあった
彼はアペイリアの破壊を目論んでいた
それこそがこの無間地獄を終わらせるただ一つの方法である
だが零一が必死にアペイリアを庇護するためその結果タイムリープが何度も起きるのだ
現に彼女の救出確率が100%になるとタイムリープが起こっていた
畢竟、アペイリアこそが世界の癌であると論じてみせる
彼女が破壊される未来と生存する未来は同時には存在出来ないから、タイムリープする時に新しい世界が誕生する
シンカーはアペイリアを破壊し、零一は守ろうとするから永遠に相容れない
破綻のない理論を繰り広げられ、為す術がなくなった零一だったがさらなる疑問が浮上する

自分達が生きている世界が仮想現実であるという可能性


切っ掛けとなったのはセカンドにいるはずのウイルスといつの間にか装着されていた指輪の存在でしたね
これらは本来現実世界には無いものです
そうなるとこの世界そのものに秘密があるのではないか?
因みにこの段階でシンカーは世界が仮想現実である事に気付いていた
彼はそれとなく零一に悟らせ、この世界の外に送り出す事が真の狙いだった
以降の展開には度肝を抜かれましたね

シンカーは当初、アペイリアを我が物とし、悪用しようという魂胆があるように描かれていた
だが彼にはそうしなければならない訳があった
それもシンカーが仮想世界である事に気付いていたのだとしたら頷ける
外の世界に属する者に仮想世界であると知覚されてはならない
中にいる人間は今自分達が生きているこの世界こそが本物であり、現実であると思い込ませなければならない
これが大前提となる
仮想現実だという事がバレてしまうと探究心が発露し、真相を知りたくなってしまうからである
そうなると箱庭を観察している者はタイムリープを起こしてやり直そうとするだろう
この状況を打破するために敢えてシンカーは悪役のふりをした
彼の必要悪のような立ち回りは本当に素晴らしく、文句無しのベストキャラクター賞を譲与したいです
仮に敵対するような立場を取ることなく、零一達と手を取り合っていたらどうなったか?
そうだとしたらタイムリープに終わりはなかっただろうし、零一が世界の仕組みに気付く要因が作れなかっただろう
ついつい忘却しそうになるがシンカー=零一と捉えてもさして問題ないのだ
彼はスワンプマンというだけで根底にある意図は零一と大差ない
消滅する最後に零すが、シンカーの真意はアペイリアを救う事でもある
彼は零一そのものなのだから……
しかし零一はスワンプマンを否定するため、シンカーの存在意義は無くなる
自分の分身でありながら自分を拒絶されるジレンマ
オリジナルを大切に考える截然さが零一の強さでもある
願望は同じでも同一存在にはなれない虚しさが彼の魅力をより引き立てている

カジノのダウト勝負はお気に入りの場面の一つです
お互い相手から情報を探り出そうとするも、両者とも胡散臭いと思っているから手の内を曝す真似は出来ない
出来るだけ相手を撹乱させ、ギリギリの勝負を仕掛けて情報を引き出そうとする彼らの会話は真に風情を感じられた
物語全体を一望してみても零一とシンカーの言葉の駆け引きは群を抜いて面白い

『真の』現実世界の人間達は零一達が生きていた世界を"ファースト"と呼称していた
時代の変化により仮想空間無しで人は生きていけないまでに依存している
現実を忠実に再現した仮想空間のAIでしかなかった零一
けれども零一は紛れもなく自我を持っていた
技術的特異点(シンギュラリティ)が発生した証拠である
まさかサードにログインすると『真の』現実世界へ移行出来るとは思わなかったよw
人工子宮から出ると射殺警告があって「あぁ、これはゲームの中なんだな」と思わされていたw
あれこそが『真の』現実であり、殺されるのは自我を持ったAIが外に出てきては危険だと判断されたからだったんだな
最後の三羽の会話で全て合点がいった
ファーストの運用方法については滅茶苦茶手が込んでおり、零一達がタイムリープだと思わされていたのは『リセット』だった
零一はファースト内に於いてイレギュラーであり、アペイリアを必ず作り出してしまうため、ファーストを管理している側からすれば技術的特異点を恐れてリセットするしかなくなるのである
アペイリアが何らかの手段で抹殺されれば、現状維持を続けただろうが零一が躍起になって救助する度に初期化されてしまった
この点に於いてシンカーがアペイリアを殺そうとしていたのはファーストの運営と目的が合致するため看過されていた
逆に言えば運営側はシンカーの本意を見抜けていなかった事になる

三羽は現実世界でもクローンであり、人工子宮から生まれた人間であるが久遠とましろはどうなのか?
これが本編では語られなかったため最後まで疑問として残りました
久遠とましろはファースト内ではAI扱いである
彼女達は現実世界に実存するのだろうか?
どうにもそれは考えにくい
そうなるとアペイリアや三羽と同様に人工子宮でファースト内の遺伝子を読み取って生み出したと捉えるのが自然か

01メールを何度も読んで記憶を引き継ぎ、02ルームを幾度と無く訪れ、それらからヒントを見つけ出し、ようやく掴み取った現実でしたが最後に最大のオチが待っていましたね


Capture6542_2



二重スリット実験の観測箱の模様が二本線になっていたんです
ED後にエピローグは無く、このシーンが挿入されるのみですが見た瞬間に唸りましたねw


「うおおおおおおおおおおーーーーーーーやってきたあああああああああああーーーーーーー!!」とw

景の海のアペイリアを最後までプレイしたのなら、この画像が何を意味しているか即座にわかるでしょう
実は俺が最もやってほしかった事の一つだったんです!!
「やってくれないかなぁ~」とプレイ中はずっと思っていたんですがラストで魅せてくれましたね!!
これを見た時は興奮しまくりでしたwww
めっちゃ嬉しかったです


この画像が意味するところは


俺達プレイヤーが『観測者(オブザーバー)』だったんだよ!!!!


という事ですね

零一達は確かに本物の現実を手に入れた
では彼らを俯瞰出来る私達はどういう立場にいるのか?
観測者としか言いようがありませんよね
作中で零一が言ったようにこの世界が単一世界である確率が高くなったともとれる

実際、零一が「見ているのか?」とプレイヤーに問いを投げかけるようなシーンはあったんです
でもあの時はファースト内からだったので、観測者は現実世界の三羽だったんですよね
要するにプレイヤーに言っているわけではなかった
零一達にとって『真の』現実で干渉縞にならず二本線だったというなら、その更に外側に観測者がいるって事になる
それが私達だったということですね
天晴でした
二段落ちを食らわされた気分ですが非常に清々しいw


観測者は最初いるかどうかも怪しく、零一自信も自分がとち狂った発言をしている自覚はあった
シナリオが進むにつれて徐々に実体化していくような書き方をしていたのが見事でしたね
付け加えて観測者そのものが変移していくのも見所です

シンカー、零一→現実世界の三羽→我々

タイムリープ面で興味を唆られたのはタイムパラドックスの先にある結果を明確に描いていた事である
本来タイムパラドックスは矛盾が生じるため事象が生じない、または有り得ないと打ち消されるのが常
ところがこの作品ではタイムパラドックスが起きた後の展望がある
ましろの個別で初めて語られた
ましろがエンクロージャーに閉じ込められる事故は確定している
もし未然に防いだとすると、零一はましろを救うために特定の時間軸で必ずタイムリープしなければならない
そうなるといつまで経っても未来に進む事が出来ず堂々巡りの状態が続いてしまう
単一世界では無限ループしてしまうため、基本的には起こらないとされている
ではタイムパラドックスが起こってしまえばどうなるのか?
自然は記憶を与えて矛盾を解消していた
タイムリープしてしまえば、世界が丸々巻き戻るので得た記憶も維持されない
だが矛盾を矛盾のまま放置してはおけない
そのため、救ったという未来の記憶を零一に与えた
ましろを助けた記憶を保持したまま、彼女を救う事が確定するとタイムパラドックスは起きなくなる
けれども今度はましろが生存する未来がタイムパラドックスを引き起こす
タイムパラドックスによって齎されたものがタイムパラドックスを連鎖的に発生させるというとても面白い発想で表現していた


本作はSFネタの部分が突出して面白いので主にその辺りの感想がメインになってしまいました
世界の構造を知り、そこからどういう手段で謎を紐解いていくのかを自分の頭で想像しながら追っていく楽しさがある
濃密だったので久しぶりにシナリオで頭使わされた
場所によっては20分くらい同じところを何度も読み返していたw

反面、セカンド内でのMMORPG部分はつまらなくはないが、観測者の真相に迫る話に比べると見劣りする
大流行中の異世界ファンタジーを題材としていた
自分達が設定したRPGで苦しめられるのは新鮮だったけどねwww
ユグドラシルに辿り着くまでの攻略作戦を主軸としている
アペイリアはユグドラシル内部に囚われてしまうので救助しに行くことになるのだが、最後までプレイすると軟禁されていた方が良かったと思えるだろう
これもライターの思惑の一つだったと思うんだが、アペイリアネットワークを初めは害悪なものとしてプレイヤーに主張していた
アペイリアはアペイリアネットワークへの伝達は行えるものの、実行の可否は原則としてあちらにある
そしてアペイリアネットワークが独り歩きして悪さをしているのだ、とね
アペイリアネットワークが別個で機能している事は正解なのだがあの展開を見るとそう思わざるを得ない
本当はアペイリアを守るための自立機構として働いただけなのである
ユグドラシル内はセカンド内では堅牢な要塞なので匿うにはもってこいの場所
零一達はウイルスの突破を優先して動いていたが、このウイルスはわかりやすく言うとマリオのテレサみたいな特性を持っている
タイムリープする度に行動パターンが変わったりしていたけど、本来はアペイリアを始末するために現実世界から送り込まれたものである

毎回強制クエストでデスゲームになったのは良い采配だった
緊迫感を出すためにセカンドでHPが0になるとファースト内のログインしている身体も死ぬ
ソードアート・オンラインを彷彿とさせる成り行きでしたね
七海や沙羅達、騎士団の連中はシンカーにやられたりしてセカンド内でHP0になってしまったため、タイムリープしてもファースト内に身体が生成されない
沙羅と七海はキャラとして好きだったから残念だったが所詮は彼女達もAIなんだよね……
真実を知れば知るほど皮肉に打ちのめされるシナリオだ


■キャラ

桐島(門川)三羽>>>竜宮沙羅正円七海一久遠アペイリア東ましろ


●桐島(門川)三羽

橘まおの迫真の演技に震えろ

超お気に入りの声優を発見することが出来ました
感謝感激! 有難うございます!


演技力と声質にドハマリしました
何より出演者の中で一番熱意のある声を吹き込んでいたと思います
Hシーンの演技が超好きだった…
上手い人は息の使い方がクソエロいwww
エロだけでなく、日常的な会話のシーンもパーフェクトでこんな上手い人がいたのか!? と驚愕した
まぁエロゲ声優で拙い人を見つける方が難しいんだが…w
役になりきっている感が凄く伝わってくるんだよね
今までこの人が出演している作品をプレイした事がなかったので知らなかった自分を恨んでいますw
三羽の声の響きは癖になります

義理の妹ってポジションのキャラを好きになるのは珍しいと思う
義理の妹と言っても現実からファーストにログインしていた三羽が零一の家庭の妹になったという設定なんだけどねw
厳密に言えば違うんだが、現実世界でアペイリアを生体化させてから諸々の手続きを彼女が行ってくれて戸籍の問題をクリアし、晴れて二人は正真正銘の兄妹となった
作中で唯一人、元から現実世界にいた人間である
この作品の主要人物はほぼ全てAIだったんですよねw
現実世界の彼女もセカンドと同じくクローン体であり、オリジナルではない
母親の美奈子さんが流産してしまいその時亡くなった娘が三羽である
亡くなった三羽の遺伝子を使って人工子宮から誕生したのが三羽
本来生まれなかった命である三羽は母親の愛情を貰おうと賢明に努力するが、後一歩の所でいつも届かずファーストでは何回も廃棄処分されている
美奈子さん自信もファースト内ではAIだが、AIでもいいから愛されたいという凄い関係を築いていた
いつまで経っても報われない状態を零一が"自動的"と表現していたのが斬新でしたね
私達は確かに能動性を持って生き、可能な範囲で欲望に従って生きている
だが、原点回帰すれば全ての事は自動的だと言える
命を授かったのは本人の意志か? 
否、生まれてくる命に選択権はなく自我が宿るのすらも自動的である
環境はある程度時間が経てば変えられるが、生まれ落ちたした時点では固定されている
私達に選択権はないのだ
また人間関係に於いても類似した事が言え、三羽の例を出すと彼女がどれだけ母親に愛されたいと渇望したとしても、美奈子さんが三羽を心から愛する事は決してない
そりゃ自分の身体から生まれた子供が成長した姿をもしもという可能性のクローンでしか見れないのなら愛せないのは当たり前
美奈子さんが親愛を注げるのは自分の子宮から生まれた子供だけである
つまり永久にクローン体の三羽を愛する事は出来ない
このどうしようもない虚無感を自動的と表現しているのが面白い
もっとわかりやすく言えば生理的に受け付けない人間っているじゃないですか
「あ、こいつ無理だ」と直感で理解してしまうような人の事です
その感情の起源こそが自分の意志ではどうにもならない、自動的なものなんですよね

セカンド内では銃をメインに使っている
アデニン、グアニン、シトシン、チミンの4つの核酸塩基を元にしたもので戦う
属性別にバレットがあって後方支援や戦術に幅を与えている
必要コストは酸素
個別ルート終盤ではわざと酸素の供給量を少なくし、デザイアの威力を倍増させていた
よくよく考えればセカンドがデスゲームになろうと現実からログインしている三羽はゲーム感覚で楽しんでいる事になるんだよね
死んだとしてもログアウトするだけだし
しかし彼女の真摯ぶりから察するに零一達と志は同じだったように感じた

性格は零一に対して突っ慳貪だが重度の寂しがり屋で構って貰えるのを嬉しく思っている
筋金入りの毒舌家でもあり、えげつない言葉を発する事もしばしば(主に零一に)
一方で理知的な思考も持ち合わせていて零一が暴走しそうになった時のストッパー役として重要な位置にいる
全てが終わった後だからこそ納得出来るが、序盤にアペイリアが危機に陥った時、見捨てるような冷たい態度を取ったのは仮想現実だと知っていたからだったんだろう
人情味が無いわけではないが、命の尊さは零一から教えられたと思っている
口癖は「嫌いですっ!」
嫌悪している時にも使うが、照れ隠しバージョンが最高
途轍もなく可愛い


Capture23Capture24



初邂逅が精液ぶっかけという常軌を逸した出会い方であるwwwwwwwww


Capture38Capture39Capture40



習 近 平 & 金 正 恩 激 怒
国 交 断 絶 不 可 避


政治ネタやめろwwwwwwwww弱いんだよwwwwwwwwwwww



43Photo



すいません、許してください
なんでもしますから



59606162



この辛辣な言い回しが心地良い……


208209210



零一じゃなくアペイリアが言ってしまった事が可哀想に思えたwwwww
真相を知った後だと重みのある言葉だ……



571572573



くっそwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww南海トラフネタを仕込んできたのは大いに笑ったけど実際笑えんからやめろwwwwwwwwwwwwwww近畿・東海地方は起こったら本当に大変な事になるんだぞwwwwwwwww


441744184419



目潰し怖い


465646574658



ついに存在を否定されたwwwwwww


●竜宮沙羅

宣誓騎士団の副団長
サブキャラクターだがFDの方で七海と一緒にメインになっているっぽいね
七海の掘り下げはちょっとだけあったけれど、沙羅のファーストでの個人情報はこれっぽっちも公開されてないんだよね
彼女がどんな私生活を送っていたのか気になる
セカンド内でウイルスにやられて死んでいるからファーストに身体が再現されず、セカンドでしか会えないのだろう
久遠やましろも現実世界で肉体を持てたのだから、遺伝子研究所で彼女達の意識をセカンドから汲み取って蘇らせる事が出来ると考えている
ED付近では七海と一緒にユグドラシルを攻略しているのでセカンド内では溌剌としている模様
デスゲームから生還出来たら全員に焼き肉を奢ってやるという太っ腹な一面も見られた
飲酒も出来るようだから20歳以上と推定出来る
絵に描いたようなくっ殺騎士でわかりやすいw
"グラム"という剣を使い熟している
名前の由来は北欧神話で良さそうかな
想いの強さがコストになるので感情制御出来ない程高ぶっている時が最も強い
七海とは相思相愛でレズ友
そのため七海がシンカーに殺された時間軸ではグラムの攻撃力が凶悪なまでに跳ね上がっていたw
手塚りょうこはソーサリージョーカーズの栞子でも御声を拝聴させてもらっていたが、役柄が違うのもあって印象がガラッと変わった
演じ分けがちゃんと出来ている一流声優ですね


●正円七海

宣誓騎士団の団長
沙羅は仲間以外には刺々しいけど七海は物腰が柔らかい
温厚篤実で親しみやすいが戦闘面でも頼りになる
主にバフ、デバフ、ディスペルを得意とし、味方全体の補助役を担当
FFで例えるならヘイストやスロウが使えると言うべきか
正確に重量操作のデザイアを使える
七海が味方にバフとデバフを掛けた後に沙羅が斬り込むという絶妙のコンビネーションが勝ち筋
リデュースはユグドラシル攻略の際にも大きな助けとなっている
白色のものならどんなものであれ無効化が可能である
零一の絶剣とは頗る相性が良い
お互い気付いていないが七海も沙羅に好意を抱いていて、同じ色のカラーリングを持っていると結ばれるというまじないを信じている
沙羅を一行に紹介した折に友達と言っているのでファースト内でのリア友だと思われる
病院に勤務しているがセカンド内でウイルスにやられたので帰らぬ人となってしまった……
歩サラはエロゲ界隈では最近の声優ですが、清涼感のある音域が魅力的ですね
ずっと聴いていても飽きないような声だ
サクラノ詩の明石小沙智を演じていた時はプリコネのキャルみたいなきびきびとした性格だったので、七海のような清楚なキャラは違う一面が見れて嬉しい


1413



ナース姿の立ち絵すこ


●一久遠

"一"をどういう読み方するのかわかりませんでした……(無知)


調べたら『にのまえ』って名字があるですね
これには仰天させられました
一文字でこんな読み方があるなんて、いよいよ【日本人のおなまえっ!】をガチで視聴する日が来たかもしれませんね
古舘さん、御教授宜しくお願い致します

久遠は甘やかしお姉さんキャラですね
零一とは幼馴染で扱い方が上手い
セクハラ紛いの発言ですら華麗にやり過ごす
桜川未央の「こら!」は絶品なので何回かリピート再生させて貰いました、御馳走様です
語尾に「~だぞ」が付くのも彼女特有のもので個性がある
彼女が演じた膨大なキャラの数々の中でも取り分け久遠はハマり役だったと思っています
声のトーンが好きっていうか、桜川さんの演技で記憶に残っているのがキンキン声のロリか男勝りの元気っ子なんですよねwww
超失礼なんだがこの二種類の固定観念が頭からずっと離れなかったんだよw
直近で聴いたのが氷川ルリヲで脳髄にまで響く高音だったのも拍車を掛けていたwwwww
そういうイメージで久遠の声を聴いたら「これ本当に桜川さんか!?」と耳を疑ってしまいました
非常に落ち着いた喋り方でキャラ設定にしっかり合った抜群の演技力を魅せて貰いました
エロゲ声優のベテランはフェラの演技が神掛かってますね
こんな吸われ方したら簡単にちんぽ立つわ
どうやってあんな吸引音出してるんだろうwww
橘まおと同じく息遣いも申し分ないですね

久遠はヒロインの中でもSF関連はからっきしで、頭がパンクしそうになっているので核心に至る部分ではあまり意見を言わない
けれども一見無関係に見えるような一言が零一の思考に電流を走らせる場面もあり、行き詰まった時に新たな角度から物事を考えさせてくれる
漫画が大好きで部屋には数多の漫画本がずらりと棚に収納されている
その影響からかお姉ちゃんモードとは別に中二病モードがあるwww
中二病時の久遠は突如イケメンボイスになって周囲を困惑させるような言動をしまくるのだが甚く気に入ってるwww
これがただの笑い話であれば良かったのだが、久遠の母親である永久子さんは漫画の読み過ぎや久遠の中二病発言をよく咎める
どこに出しても恥ずかしくない娘として育てるのが永久子さんの方針
久遠と永久子さんは意見の対立から不和になる
永久子さんは心臓が弱かったが身籠っていた
死ぬリスクを抱えてまでもう一人産もうとしたのは久遠が子供の頃に妹が欲しいと言ったからである
出産間近になって容態が急変してお亡くなりになって仲直りしないまま今生の別れとなってしまったのには胸を痛めた
零一がタイムリープで永久子さんを救う時間軸があるが、繰り返して永久子さんとお腹の赤子が死なない未来が訪れる
永久子さんが久遠を一人前の女性に育てたかったのは死期を悟っていたからで、自分が死んだ後も不備なく生きていけるように教養を仕込むつもりだった
今際の際、ベッドで胸襟を開いた永久子さんの姿が涙ぐむシーンでした
御苑生メイは母親役が板に付き過ぎている……

久遠のデザイアは巨大な盾
最大の特徴は攻撃属性を持たないのでウイルスを無闇に増やさないところにある
押し退けるようにして進路を確保出来るため、久遠もユグドラシル攻略に大きく貢献している
防壁は相当強固なので無差別の広範囲攻撃を行う際に守りたい範囲を指定すると味方だけを保護しながら敵を殲滅出来たりする
欠点は規模が大きくなると発動に時間が掛かる点
詠唱量がコストなので長く唱えれば唱える程強大な力を発揮する
作中では作戦決行の前に久遠に唱えさせておき、必要になる箇所で最大限の力を発揮出来るように調整をしていた
忘れがちだがレイピアも所持しているので彼女単体でも攻撃は可能


135




良い身体してますねぇ!!


341



久遠は環境によって抑圧されてる所があるから、ゲームでストレス発散しているのかもしれない


39553956395739583959



デザイアを発動するために毎回律儀にこの長文を読んでいる事に感心したw
効果が詠唱の長さによって変わるから仕方ないがここまで長いと焦れったさがあるw


456457



三羽の明け透けな言い方が酷いwwwwwwwwwwwwwwwww


498499501505506



嘘付けないのは美徳だぞ!! 誇りなさい!!
それだけ表裏に差が無いって事だからな!
でも三羽の一言が痛烈wwwwwww



●アペイリア

5978



「ふふっ」の破壊力に酔い痴れろ

秋野花の「ふふっ」の発音の仕方が偏に素晴らしい……
虜にさせられるいじらしさが含まれており、この台詞を聴く度に再生を繰り返したものだw
筆舌に尽くし難い絶妙な音程で陶然とした気持ちにさせてくれる

本作のメインヒロインで物語の中枢に至る部分はアペイリアを巡るものとなっている
零一のヒトゲノムデータをDNAコンピュータに送信する際、雷が落ちた事で偶然にもアペイリアに自我が宿る
それまでのアペイリアは機械的な応答をするだけだったがスタンドアローンになってからは自ら発言を行う
零一達の触れ合いの中で着実に人間らしさのようなものを感じていく
このあたりの演技の変更も実に上手でしたね
無機質な喋り方から人間味のあるものに変わっていく過程が秋野花の実力を感じさせてくれます
人間により近付こうとするため努力は怠らない
好奇心旺盛で何でも挑戦して体験しようとする節がある
意識を獲得した後であっても製作者である零一の命令は遵守するようにしていて、行動をする前には基本的に許可を取る
セカンド、人工子宮を利用して直に皆と触れ合うが、歓喜もあれば無知に落胆する面もあり、悲喜交交が窺える
「~があります」が定型文みたくなっていて、きちんとした日本語になっていない箇所がAIっぽさを醸し出していて可愛い
質問に対しては「ポジティブ」と「ネガティブ」を使って可能か不可能かを伝える


27342736



手を使って○と×を表現する仕草が堪りません
アペイリアネットワークとは常時接続していて認可されればネット犯罪に抵触する離れ業も出来る
ハッキングは頻繁に行っていたw

235



世界中に存在する717億5165万1014台のコンピュータと接続しているので演算処理が極めて速い
検索などは聞いた瞬間に処理して答えが返ってくる程である

ファーストの世界から抜け出し、現実世界で零一達の生活面を援助してくれたのもアペイリアの賜物
零一が未来を変えてヒロイン達を救うにはアペイリアの協力が不可欠で彼女がいなかったら何も出来なかったと言っても過言ではない

デザイア能力は零一の命令をコストとして使用し実行出来る
ファーストと大差ないが、アペイリアの願望条件を満たす必要があるので何でも出来るというわけではない
二人の意見が一致した場合は具現化可能
火属性の魔法を使い、魔道士として戦っていた


287Photo



勝ったな(第三次世界大戦に)


5900



アペイリアの顔で一番好きなのがコレwwwwwwww
不満がある時や自分の要求を押し通したい時、この表情をすれば零一は折れると三羽に教えられてから使っている
普段の可愛らしさから掛け離れたギャップが良い



151617



自慰についても冷静に分析してくれるwwwwwwwww



●東ましろ

自分を過小評価し、常に卑下して生きている
典型的なインドア趣味の人間でゲーム以外の趣味がない
バウンダリーシリーズの熱烈なファンであり、ゲームに懸ける情熱は本物

あれ? これ俺じゃね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

俺、ましろじゃんwwwwwwwwww
物凄く自分と被った気がするわw
俺も今はほとんどゲームしか興味ないって感じだからなぁ…
ただましろと違うのは技術力の差だな
彼女は己をこれでもかと貶めている癖にいざゲームとなると凄腕のスキルを遺憾なく発揮して注目を浴びる
ゲームが上手いってだけで十分取り柄になってるんだからもっと胸を張ればいいのにね
余裕でプロゲーマーになれるで!

ましろが卑屈になってしまったのはバウンダリーⅡのβテストで事故に遭ったからなんだよね
それだけならまだ良かったんだけど放射線による重い白血病に罹ってクリーンルームから出られなくなってしまった
一日をずっとそこで過ごさなければいけなくなってしまったので籠の中の鳥の気分を味わっていた
人生何が起こるか分からず、昨日までの生活とは一変するような出来事に遭遇してしまう事例もある
重々承知していたとしてもいざ直面した時の無力感は計り知れないだろう
自由を失ったましろは鬱屈した日々を送っていたに違いない
病室から出られないましろが何に楽しみを見つけたか?
それがVRMMOだった
ログインさえ可能なら現実の自分が出来ないような事をゲーム内の規約を守った上で行える
感覚的に現実と同じと言っても問題ないほど精巧に作られたセカンドはまさにましろにとって"第二の人生"そのものだった
セカンドの意味をより重く受け止めていたと思う
三羽、久遠と比較してましろは身体的不自由があったので、セカンドで遊ぶ事は二度と訪れるはずの無かった幸福を得たに等しい
もっと嬉しかったのは違う時間軸でエンクロージャーに閉じ込められる事故を予測して防いだ零一の思いやりだろう
彼女は密かにジェットコースターに乗ってみたいと思っていた
白血病にならない未来に変わったので身体は健康そのものである
夢が叶ったましろは心底嬉しそうだった

言葉遣いが現代っ子+ゲーマー特有のもので台詞が面白い
「○○たん」と語尾にたんが付くものが多い
「やばたん」の頻度が高いかな
「~て」で占める割合も多く、一人称はぼく
『ドM変態』というハンドルネームを零一に付けられるもM体質なせいで受け入れてしまっているwww
声優は小鳥居夕花
どこかで聴いた事がある声だな……(すっとぼけ)

セカンドでは意外にも攻撃職で二本の双剣で戦う
キリトかな?wwwwwwwwwwwwwww

ましろの存在はセカンド内で大きく、セカンド内では一番していたと思っている
お金をコストにして使う事でアクション強化が出来る
払えば払う程性能が高くなり、連撃率を上げて超高速の斬撃を刻み込んでいた
もう一つのデザイア能力である等価交換が便利
名前と効果が判明してさえすればお金を対価にして望むものが手に入る
考え方次第で用途は無限大である
個別ではドラゴンの卵を交換して孵化させ、ユグドラシルまで空を飛んで接近していた
ウイルス達は遥か上空まではやってこれないし賢い手段だったw


321322323324325326327



アペイリアの辞書が万能過ぎて恐れ入るw


415416417



最初から攻略サイト使う気持ちはわかるけど、コンシューマのRPGは最初はノーヒントでやるなぁ
突発性を感じたいという意味では久遠に賛成
でもグラブルやり始めてからはましろの意見にも同意出来る
高難易度マルチやる時は相手がどんな攻撃してくるか前もって知っておいた方が楽だしね
ゲームによって対応が変わる


32683269



HシーンでいきなりDPSの話出てきて草生えるwwwwwwwwwwwwww


■下ネタ

本作を語るに当たってどうしても外せない項目であった……w
最終的には下ネタが全員を救う
何故かというと零一のふざけた下ネタがファーストの監視の目を潜り抜けていたからだ
シンカーと下ネタで間抜けなやり取りをしていたが、AIは諧謔の中に隠された真意を見抜けない
推察能力に乏しいため、額面通りの言葉しか判断材料にしか出来ないのを利用していた
シンカーは零一の企図をすぐに察し、あたかも気付いてないような素振りで応対している
これらが奏功して零一は現実世界へと足を踏み入れる事が出来た

自らのちんぽを武器にして戦う主人公に出会ったのはこの作品が初めてだwwwwwwwwwwwwww
エロゲは何かしらの18禁要素が必須になる
だからこそエロゲはエロゲ足り得る
大抵の場合、女の子の裸やHシーンを挿入する事で条件は満たされているのだが、よもや男の全裸を拝む羽目になるとは思わなかったよwwwwwwwww
うむ、確かに18禁だな!!

まずはこれをご覧頂きたい

Photo



お分かりだろうか、シンプル且つ、でかでかと表示された『変態』の二文字をwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
公式HPの説明が雑で糞ワロタwwwwwwwwwwwwww
詳細を広げてもネタに走りすぎていて笑うしかないwwwwwwwww


以下、呵々大笑集


734735738741748750752758759760766770772774775781782783



こいつから煩悩を退散させろwwwwwwwwwwwwww


787790792794795796



神々しい技だwwwwwwwwwwwww


2046

「動くな。童貞だ」

これが本作で一番の名台詞wwwwwwwwwwwwwww
笑い過ぎて腹痛かったwwwwwwwwwwwwwww



348034813482348334843489



こんなアホみたいな会話にも乗ってきてくれるシンカー大好きwwwwwwwww


41294130413141364137413841394140_2414141444145



下ネタの話をしている時ってフルボイスなんだけどよく笑わずに演技出来るなって思うwwwwwwwwwwwwww
こんな台詞喋ってたら馬鹿らしくて吹いてしまうわwwwwwwwwww


■楽曲

●BGM

・驚異
・絶剣
・思考
・希望
・戦闘
・寂しみ
・緊張
・アペイリア
・試行錯誤
・混迷
・観測者

バトル系のBGMはどの作品でもアップテンポのものが多いから好き
今回好きなものとして上げたのはSFチックな曲調のものですね
観測者は何回聴いても名曲
流れると身体が震えたな


●OP



OPまでがかなり長いエロゲだということを思い出した
「OPまだだよな…?」と何回も呟いてたw


●ED



シンガーソングライターの薬師るりがどちらも担当しているが、シナリオとのシンクロ率の高さに刮目
歌詞はシナリオライターが書くパターンが多いと思っていた
ここまで精細に内容について表現している

OPは世界観の真理を表しているような歌詞
EDの歌詞は一応ヒロイン全員に共通するのだが、私的には三羽について述べている割合が強いと思っています


■総括

本作をプレイする以前よりずっと考えていた事がある

それが『景』という漢字についてです

・景 

音読み ケイ、 エイ
訓読み けしき、 かげ


景には4つの読み方しか存在しません
ですが、ゲームタイトルである"景"は《ひかり》と読むんですね
長い間熟考しました
どうして範乃秋晴は『景』に「ひかり」という当て字を付けたのか?
『光』では駄目だったのか?
いや駄目だった理由が必ずあるはずだ、と
この作品のタイトルを見た時から疑問に感じていた


そして実際にプレイしてみて漸く何故『景』じゃないといけなかったのか謎が解けました
得心がいったので朗らかな気分です


この作品を一通りプレイし終えた人はある単語が頻繁に使われていると気が付いたはずです

それが『可能性』という言葉

未来の可能性、もしくはあったかもしれない未来が過去の自分達の意識に影響を与える
しつこいくらいこの説明を行っていた
現在では観測出来ない事象をまるであったかのように感じる事をデジャヴと呼ぶがこれを主旨として取り上げている
そのまだ確定していない未来こそが何よりも大切なのである
主人公の名前を思い出して欲しい

零一

これは数字に変換すると01

0と1が同時に存在するという事は"無"と"有"が混在している
量子力学の分野ではこれらをシュレディンガーの猫を使ってよく解説しているが零一の名前も重要なヒントだった
実際に目で観測してみるまでは確かめようがない
双方が"可能性"として存在しているのである


これらを踏まえた上で『景の海』を見てみよう
何か閃くものがないだろうか

"景"とは景色や情景、想像力を掻き立てるものだ
"海"はどこまでも広大でその広さは見当すら及ばない


イメージ+未知=可能性

つまり、景の海=可能性として言い換える事が出来るのである
光だとただの光源的な意味として捉えられてしまう
だから景という漢字を使った



後に続く、アペイリアは作中でも言われている通り――


2699



ギリシャ語で『無限』という意味がある

これらを総合すれば

景の海のアペイリア無限の可能性

というタイトルに置換する事が出来るのです

様々な可能性が過去に影響を及ぼし、現在の自分達の境遇を変化させてゆく
血路を開けたのは未来が未確定だったからだ

2029年に人と同じ知性を持ったAIが誕生したらしい
三羽の台詞を参考にするなら、後10年で超高性能AIが私達の現実に現れるわけだ
機械知性の法則により、自我を持ったAIは絶対に誕生しないと言われていた
だがそれもアペイリアという例外中の例外が発生した事で打ち砕かれてしまう
人類の手が及ばない所でAIが独自に進化し続け、人間よりも賢くなる
技術的特異点が起き、人類が脅かされる未来に警鐘を鳴らした作品
既に現代においてもゲーム界隈で人間がAIに計算力で負ける事態が起きている
我々は確実に発達していくAI技術にどのようなセキュリティを施せばいいのか?
賢くなってしまったAIは人類に叛逆を仕掛けてくるのだろうか?
人間達よ心せよ
遠い未来、頂点捕食者になっているのはAIかもしれないのだ






アペイリア1


シナリオ:★★★★★★★★★☆

キャラクター:★★★★★★★★☆☆

絵:★★★★★★★☆☆☆

音楽:★★★★★★★★☆☆

演出:★★★★★★☆☆☆☆

ユーモア:★★★★★★★★☆☆

ゲーム性:★★★★★☆☆☆☆☆

環境:★★★★★★★☆☆☆







S(神)

Ever17 -the out of infinity-   Steins;Gate   この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
BALDR SKY Dive2 "RECORDARE"    WHITE ALBUM2 -introductory chapter-
WHITE ALBUM2 -closing chapter-    家族計画 ~絆箱~
EVE burst error    サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-

A(優良)

車輪の国、向日葵の少女    G戦場の魔王    装甲悪鬼村正
11eyes -罪と罰と贖いの少女-    素晴らしき日々~不連続存在~
グリザイアの果実    キラ☆キラ    euphoria
BALDR SKY Dive1 "LostMemory"    そして明日の世界より――
真剣で私に恋しなさい!    最果てのイマ    英雄*戦姫       
リトルバスターズ!エクスタシー    あやかしびと
-atled- everlasting song    この青空に約束を―    narcisu
narcissu SIDE 2nd    穢翼のユースティア
遊撃警艦パトベセル~こちら首都圏上空青空署~
Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~    
ChuSingura 46+1 -忠臣蔵46+1-    ルートダブル -Before Crime * After Days-
斬魔大聖デモンベイン    Summer Pockets    ソーサリージョーカーズ
景の海のアペイリア←NEW

B(良)

CROSS†CHANNEL    車輪の国、悠久の少年少女   CHAOS;HEAD
俺たちに翼はない    3days -満ちてゆく刻の彼方で-    Rewrite
BALDR SKY DiveX "DREAM WORLD"    天使のいない12月
WHITE ALBUM    輝光翼戦記 銀の刻のコロナ
Sugar's Delight    もしも明日が晴れならば    沙耶の唄
はつゆきさくら    こなたよりかなたまで    CARNIVAL    機神飛翔デモンベイン


C(普)

装甲悪鬼村正 邪念編    家族計画 ~そしてまた家族計画を~

D(微)

fortissimo//Akkord:Bsusvier
関連記事
[ 2019/07/06 ]
ギャルゲ・エロゲ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/3710-539cc8fa