私はもう、悔恨に沈むことはない!

■拍手

>小説家になろう、で恋人を寝取られたり、パーティから追放された人が元凶であるクズ勇者へ仕返しする作品が流行っているようです。ひっしーさんならどう書きます?(大喜利のお題的な)

凡作で終わらないためにはどういった形であれ、その作品ならではの『強み』が必要であると考えています
あくまで個人的に感じることですが、自分が面白いと思った作品には何らかの要素に対して特化している点が共通して見られる事です
ここだけは他作品と違って力を入れているとか、他人には真似出来ない言い回し、書体、発想などオリジナリティを感じれば感じる作品ほど脚光を浴びると思っています
もし自分が書くとしたらそれを念頭に置いた上で進めるでしょうね
見所とそうでないところの減り張りがしっかりあった方が面白く感じます
そのためには出来るだけ読者をあっと驚かせる斬新なネタが必要になってくるのですが、時が経てば経つほど二番煎じ感が強くなってくる昨今、それでものし上がってくる方は本当に凄いです
あなたが仰る寝取られや仕返しする作品というのも著者が独自性を求め、辿り着いた結果でしょう
後者は割と面白そうだなーって思いましたw
関連記事
[ 2018/07/31 ]
日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/3595-fa357629