GRANBLUE FANTASY part22 「マグナⅡの絵批評」

4周年のアップデートで初期からプレイしていた人にとっては待望であろうマグナⅡがついに実装されました!
神石や属性石が無い人はマグナが最適解となるので嬉しい人もいるのではなかろうか
3凸から4凸に進化することによって絵柄も変化します!

今回はその絵の批評となります






■評価印

◎→とても良い
○良い
△可もなく不可もなく
✕悪い


まあこんな感じの4項目にしておきましょうか


●コロッサス・マグナ

2040034000






2040034000_02





4凸評価→△

3凸までの威厳のあるポーズとは打って変わって存在感を押し出すようなポーズに変化
よりロボット色が強くなったように感じる
4凸コロマグは全体像を見るまでは劣化だと思っていたけど、拡大して見てみたらこれはこれでアリかなぁと思えるデザインだった
でもどちらが良いかと問われれば迷うこと無く3凸までと答えます
やっぱりこの格好は筆舌に尽くし難い良さがあるのです


●リヴァイアサン・マグナ

2040028000_2






2040028000_02_full





4凸評価→△

「あれ?ちょっと痩せました?」と言いたくなるような細身になった鰻さんw
全体的にシンプルな画像になり、見やすくはなった
リヴァマグに関してはそこまで優劣の好みはないので半々くらいの比率です
新規絵は口が開いてないので大人しく見える


●ユグドラシル・マグナ

2040027000






2040027000_02





4凸評価→○

もはや星晶獣の面影はなくただの萌えキャラと化したゆぐゆぐ
表情も完全に発情していると思しきものに変更され、スケベな女の子へと変容
初見の人に見せれば、小林幸子みたく豪奢な衣装に身を包んだ人間の女の子と思われても致し方ない
しかしどれだけ容姿が可愛くなろうが「人の言葉を発声しない」原則にいつまでも従っているのは非常に好感が持てる
これで人語を発声しようものなら萎えること請け合いである
音波らしきものと表情だけで感情を伝えようとするのは彼女らしい
勿論旧デザインも好きなのでどちらもアリとはっきり言える絵ですね


●ティアマト・マグナ

2040020000






2040020000_02





4凸評価→△

ティアマグは旧絵が完成されすぎていてどうしても劣化に見えてしまう・・・
ホント3凸までが神絵過ぎて構図、ポーズから竜のデザインまで一体感が素晴らしく、これに優るとすれば余程のものじゃないと無理だと思っているくらいです
新規絵が嫌いなわけではないですが、どうしても優劣の差を感じてしまいますね
ユグドラシルもそうだったけど正面ポーズが違和感の元なのかもしれない
考えてみれば実際戦闘する時って敵が左手にいて味方が右手にいるのがグラブルなわけだから、正面絵だとおかしいわけですよね
3凸までのマグナはゲーム絵として不具合がないようにモンスターの向きを考慮して描かれているけど、4凸絵は直接戦闘では出てこないから別に横向きの絵でなくとも良い
だから正面絵も描くようになったのだと想像出来るがこれが違和感の正体なのかなーと思ってみたり


●シュヴァリエ・マグナ


2040047000






2040047000_02





4凸評価→✕

思わず「ぶっっっさwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と言いたくなってしまうほど悲しい変貌を遂げてしまったシュヴァマグ・・・
どうしてこうなった・・・
6属性の中で最も安っぽさを感じる絵で3凸からの落差が激しすぎるんだよなぁ・・・
3凸絵は騎士らしさがありありと滲み出ていて糞カッコよくておっぱいのデカさもリーズナブルで超好きだったのに、4凸の――なんだよこりゃあ!!胸にパッドでも当ててんのかってくらい変なデザインでもう救いようがねぇ・・・
星晶獣のPOSE切り替えが出来るなら即座に3凸までの絵に戻してるわ・・・
それくらい残念だった
マジで3凸までのシュヴァマグ返して
もう1つ致命的なのが頭の触角
こいつの出しゃばり具合が凄くて、意識せずとも自然に目に強烈なインパクトを与えるくらい主張してくるwww
何とかならなかったのか・・・


●セレスト・マグナ

2040046000






2040046000_02





4凸評価→◎

エッッッッッッッッッッッッッッッッッッッと意図せず口を衝いて出てしまうほど巨乳化してロケットおっぱいになり帰ってきたセレマグさん
この溢れ出る淑女オーラ、感嘆の溜息が出ます・・・
新規絵の中では圧倒的に良いデザインをしており、好きな闇属性ということもありとても嬉しい
描き込みの少なさや付属品は減っているが本人を際立たせるという点においては一番成功している
さらに正面ではなく斜めを向いた構図というのが大きいかもしれない
何の手も加えずこのままセレマグHLあたりで出してくれてもええで






星晶獣らしさは消失しつつあり、女性をモチーフにしている星晶獣は完全に萌え化が進んでいるのは明白
旧マグナ絵と新マグナ絵の合計点同士を比べるとやっぱり旧マグナが勝ってしまうけれど新マグナも良いやつは良い(シュヴァマグだけは許さない)
もし今後絵を差し替えて登場させるのだとしたら、またゲーム用に新しく描き直すのか気になるところである
しかし旧絵を描いたサイゲの社員は本当に偉大だと痛感しました
関連記事
[ 2018/04/06 ]
GRANBLUE FANTASY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/3498-dfc7fa87