僕は供物。万魔の供物さ

■PCが不調だと感じたら疑うべき点(主観)

電源≒HDD>>>CPUファン>メモリ>>>CPU>>>マザボ

今までPCを触ってきて異常を感じられたのは電源とHDD、CPUファン
メモリエラーは大体差し込みが甘いくらいのもんだからメモリ以下は故障する格率はかなり低い
CPU、マザボにおいてはほぼ永久的に使えるんじゃないかと思えてしまうほどである
中でも電源とHDDは経年劣化に弱く、当たり外れも大きい
それで今回は電源を交換するに至った経緯をお話しよう

ゲーム等をやって負荷が掛かるとHDDがいきなり落ちて回転しなくなるのが頻発
HDDが起動していないのでwindows自体が死んでしまい固まって何も出来なくなる
一度電源を切って再起動させると正常に起動するが負荷が掛かるとやはり落ちる
HDDの寿命かと思って検査ソフトを使ってみるも『正常』と出る
もしやと思い、4年程使っていた電源を分解すると声を上げたくなるくらいの埃がびっしりと詰まっていた
PC君の大敵は埃
きちんと内部を掃除しなかったツケがここになって一気に症状となって出た
エアダスターを使って埃を吹き飛ばして付け直すとあら不思議、ゲームをしても全く落ちなくなった
原因は電源にあったわけですが、CPUファンの回転数が落ちてきていることから弱っているのは目に見えていたのでこの際新しいのを新調(600W)して交換した
その時、初めて知ったんだけど

電源にSATAケーブルって付属してないのねwwwwww

これに気付くまでに1時間くらい掛かったwww
明らかに前付いてた電源から伸びているケーブルの量と新しく装着した電源の差し込んだ本数が違っていて「何か足んねぇよなぁ?」とは思っていたんだが、旧電源の方はSATAケーブルを電源ケーブルと一緒に纏めてあったため、"電源の付属品であると勘違いしていた"www
折角なのでSATAケーブルだけは再利用させて貰おうということで、留め具をハサミで切り取って分離させた
ちゃんと差し込むと無事OSを読み込んでくれたので安心した・・・
SATAケーブルを差し込まずに起動させたらOS読み込まなかったw
「電源の規格を間違えたかな・・・」とまで思ってしまっていたので気付けて良かった
電源の交換自体は全然難しくなくてケーブル差し込むだけですぐ終わったけどSATAケーブルがどこにあるのか気付かなくて苦戦したというお話
まあ良い経験にはなった

電源変えてからHDDに不足しがちだった電力が回復してPC起動してからの動作がかなり軽くなったのを実感出来ている
結果的に交換して正解だった
関連記事
[ 2016/11/16 ]
日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/3336-77aef6a6