戦姫絶唱シンフォギアGX 第13話 「愛していた日々 愛したあの日々 愛故・・・永眠 ―― ねむらせる ―― 」

Gx_13_mp4_snapshot_1029_20151003_23



響「諦めない!奇跡だって手繰ってみせる!」


Gx_13_mp4_snapshot_1032_20151003_23



キャロル「奇跡は呪いだ。縋るものを取り殺す!」


Gx_13_mp4_snapshot_1040_20151003_23



キャロル「うわあああっ!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1041_20151003_23



響「キャロルちゃん!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1050_20151003_23



キャロル「お前の歌で救えるものか!誰も救えるものかよッ!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1100_20151003_23



響「それでも救う!抜剣!」



Photo



響「救出完了です・・・


Gx_13_mp4_snapshot_1104_20151003_23



キャロル「オレを救出するためじゃなく、オレの三つ編みのために全力を使っただと・・・?」


Gx_13_mp4_snapshot_1054_20151003_23



響「女の子なのに髪を粗末に扱う奴は許さん!(髪フェチ)


キャロル「不可抗力なんですがそれは・・・」


Gx_13_mp4_snapshot_1952_20151003__2



洸「響、ちょっとそれを貸してくれないか?」

響「いいけど、何に使うの?」

洸「それは秘密」



Gx_13_mp4_snapshot_2303_20151003_23



洸「やり直したいんだ!みんなで!もう一度!だから!」

響の母親「・・・」

洸「そういう反応されると思ってたから一発芸を用意してきました」











Photo



洸「じゃ~ん♪ちょんまげ~♪ オナシャス!」



1



響の母親「(これどういうリアクションしたらいいのかしら・・・)

響「ママン引いてるじゃねーか!!!


おばあちゃん「やめときなお前。一度出てった奴を今更信用なんて出来やしないよ。ましてや女の子の髪を自分の頭に植え込む変態趣味の男だったとは私も予想外だった

響の母親「・・・そうね。あなたには悪いけど・・・」


Gx_13_mp4_snapshot_2325_20151003_23



響「やっぱりお母さんの答えは私の予想したとおりだった」

洸「ということは――」


Photo_3



響「お父さんとお母さんまだ離婚届提出してなかったよね。だったら今から二人で書こっ♪

洸「やめてくれよ・・・(絶望)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/3045-faea1d4e


戦姫絶唱シンフォギアGX「第13話 正義を信じて、握り締めて」

戦姫絶唱シンフォギアGX「第13話 正義を信じて、握り締めて」に関するアニログです。
[2015/10/04] URL anilog