3D酔いしやすい人とそうじゃない人

「3Dゲームで遊びたいけど酔うから出来ない・・・」と悩んでいる人は結構います
3D酔いは日本人特有のものだけではなくて強弱はあれど、なる人は誰でもなります

俺はどちらかと言うとなりにくい方だけど酔う時は酔う
この前KF2をやっていた時に酔う場合と酔わない場合があったのでここに記す

まず酔う場合
"3D酔いする人は画面を見る視点が悪い"のだと思う


2015-06-02_00014.jpg

例えば特定のオブジェクトを近くで凝視したり、自分が動かしているキャラのすぐ目の前を見ていたり
これは見ている視界が狭くなるので酔いやすくなると考えられる
事実、実績解除のために近距離ばかりを見ていたらKF2では今まで酔ったことなかったのに超気持ち悪くなるほど酔った

そして酔わない場合

これは対人FPSをやっている人なら無意識のうちに行っていることだと思うが視界を広く保つこと
つまり出来るだけ遠くに視点を置く
車の運転と同様で、すぐ目の前の道路を見るのではなく200m、300m先を見る
不思議な事に俺はこれだけで全く酔わなくなり、3Dゲームを何時間でもプレイ出来るようになる
近くだと目の動きと画面の動きに変な揺れみたいなのを感じる
それが3D酔いを発症させているのかもしれない
逆に遠くを見ているとブレがないので酔わない


2015-06-02_00008.jpg

この画面であなたはどこを見ていますか?


手前の銃や腕を見ているのはダメ

奥のトラックや建物を見るのが良い


では遠景がないゲームはどうすればいいか?

それは慣れるしかないw

酔いは個人差があるので同じゲームでも人によっては全然違ったりする
俺はSkyrimとかやり始めた時はかなり酔った
でもやっているうちに慣れたゲームでもあるので、やり続けることで抗体を作ることも出来るのかもしれない


今回分かったことは『手前を出来るだけ見ない』ということ
3D酔いで困っている人がいるのなら参考になれば幸いである
関連記事
[ 2015/06/02 ]
ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/2926-802bebbe