終焉

お気付きの方が多いでしょうが最近、ブログの更新頻度が日に日に落ちてきました
それもこれも実生活に時間を取られる事が多くなりまして・・・

そこでブログの存在意義というものについて少々語らせて貰いたいと思います

簡単に言えばブログというものはインターネット上で自身の日記みたいなものです
インターネット上で公開するということは「少なくとも誰かに見て欲しいという意図がある」というのは言うまでもありません
誰にも見せたくない場合は日記帳にでも書いておけばいいですからね
中には手書きが面倒だからタイピングで済ませたいという人もいるかもしれません
思惑はそれぞれですが、ここでは誰かに閲覧してもらたいという事を前提で進めていきます

例に漏れず私も「誰かに見て欲しい」という考え自体は少なからずあります
でも、『より多くの人に見てもらいたい』という欲求は実は"全然"ありません
それも後述しますが当方、あまり欲が無い人間でして「例え一人でも見ていてくれればその人のために書き続けられる」と豪語してもいいくらいです
むしろ"知る人ぞ知るブログ"というのが私が目指してきたものです
まぁインターネット上で公開している時点で矛盾しているとも言えなくはないですが(笑)

とはいえ、現在このブログにどれだけの固定閲覧者がいるかはわかりませんが極少数かと思われます
大半が一見の方だと考えられるので10人に満たないかもしれません
それでも今まで書き続けて来られたのはその10人が見に来てくれていたからだと思います
0からのスタートだと閲覧者は当然0人なのである程度続ける気力がなければ固定読者を得られないというのもブログの難しいところだとも感じます

それで先程述べた私が読者数に拘らない最たる理由が『店仕舞いする時に気が楽』という事です

これも人によりけりなんですが、読者数が多いと辞める時に変なプレッシャーが掛かるというか"辞めるに辞められない"
という状況に追い込まれてしまうケースがあると思うんです(私独自の考えです)
その点、私のブログみたいに閲覧者が少ないと辞める時にとっても気が楽です(あくまで個人的に)

とっても自己中心的な考えでエゴだとは思いますがワタクシ、辞める時は誰にも"気を使われず静かに消えて行きたい"のです
後腐れなく静かに消滅出来たら物凄くホッとして長年続けていた物が一つ消えたという感慨に浸れるような気がするのです
エゴ的だと言ったのは自分がそういう考えであるのに対し、他人のブログが閉鎖する時は精一杯の感謝の気持ちを贈ろうとするからです(笑)
自分がそうであるなら他に対してもそうあるべきだというのが道理でしょう
しかしそれは自分の信条に反します
我ながら自分でも自分の事を面倒臭い人間だと思います
変な拘りを持っていますね

閑話休題

長々とこんなことを書いたのは上述したとおり、このあたりが引き際かと思ったからです
そもそも私のブログは2009年で一度死んだようなものです
あの時はサドンアタックに夢中になりすぎて月更新が激減し、「このまま俺も消えて行こう」と思ったものです
ブロガーの人は思った事がありませんか?

「今ブログ書いている時間を他の事に使えたらどれだけ有意義なことだろう」



更新に夢中になっている時分はそんな考え塵芥ほども浮かびませんでしが最近頻繁にちらつくようになりました
時間は有限であり、1度きりの人生の中でブログというものに時間を費やす――
ブログはどこまで言っても自己満足に過ぎません
自分の自己満足に他者がどれだけ共感してくれるか、それだけです
斜に構えたような言い分ですが私はこういう考えです

以上の事を考慮した上で脳裏に『閉鎖』の二文字が浮かんで参りました
他の事に時間を使いたいというのが本心でございます
もしこのブログに度々足を運んでくれた人がいたのならばその人には多大な感謝を
一見であれど足を運んでくれた人にも感謝を

惜しくも9年に届きませんでしたが私のブログ人生8年と11ヶ月に終止符を打ちたいと思います


御閲覧頂きました皆様、本当に有難うございました
関連記事
[ 2014/04/01 ]
日記 | TB(-) | CM(-)