TARI TARI 第04話 「怒ったり 踊ったり」

Tari_tari_04flv_000420336_2



「あの頃のワシ達はまひるに恋しとったなぁ・・・」


Tari_tari_04flv_000428469



和奏「(も、もしかして私の本当の父親って・・・!)」


Tari_tari_01flv_000137220



和奏「陽気なクソジジイ共が私の本当の親って事はないよね?」


Tari_tari_01flv_000140140



圭介「何言ってるんだ。まひるに中田氏したのは紛れもなくこの俺だよ」


Tari_tari_04flv_000446612



和奏「と、父親が言っておりました」



Tari_tari_04flv_000427677



「実は君のお母さんは4股していてね」

和奏「私の母親ただのビッチじゃねーか」






Tari_tari_04flv_000959124



来夏「あたし天才だったらなぁ~。きっと今頃――――」



Tari_tari_04flv_000967716



和奏「私も、天才じゃないから(苦笑)」



Tari_tari_04flv_000978894



来夏「は?(威圧)」


和奏「えっ」

来夏「お前は間違いなく天才だろ」



Tari_tari_04flv_000963420



和奏「なんで?」


Tari_tari_04flv_000962419



来夏「潜在能力高い癖に隠してるだけ」

和奏「そんなことないよ」



Tari_tari_01flv_001046086



来夏「そんなことあるよ。まず声優が高垣彩陽という時点で声質は最高。自分が天才であることを自覚しないのは罪だ。ある人が他者を全く寄せ付けない圧倒的な声音で”のど自慢”を優勝しました。その優勝者に『何か勝つための秘訣があるんですか?』とインタビュアーが聞いた。そしたらその優勝者はなんて答えたと思う?」



Tari_tari_04flv_000971220



和奏「運が良かった?」

来夏「それだよ。運が良かったから勝てたんじゃない。そいつが優れていたから勝てたのさ。真に才能があるヤツは圧倒的に自覚が足りない。自分は特別な存在であるということをもっと理解するべきだ」


Tari_tari_01flv_001047796



和奏「じゃあこっちも言わせてもらうけどそもそも才能があるということ自体に本人が気付いてなかった場合はどうなるんだ?数々のコンクールで優勝したからってそれは審査員の好みがたまたま一致しただけかもしれないし、周囲が平均以下だったという可能性もある。運も実力のうちという言葉があるように強運という波に乗せられ、それが実力と勘違いして這い上がってきた輩もいるかもしれないじゃないか。そういう場合果たしてそいつに才能があると断言することが出来るかな?てゆーか氷菓みたいな展開やめろ


Tari_tari_01flv_001097304



来夏「そ、それは――――でも坂井さんの声優はあやひーだから絶対やってくれるはずだもん!」


和奏「全く根拠のないメタ発言なんだよなぁ・・・」
関連記事
[ 2012/07/24 ]
TARI TARI | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/1781-7ae3d1dd


TARI TARI「第4話 怒ったり 踊ったり」/ブログのエントリ

TARI TARI「第4話 怒ったり 踊ったり」に関するブログのエントリページです。
[2012/07/25] URL anilog

2012年03クール 新作アニメ TARI TARI 第04話 雑感

[TARI TARI] ブログ村キーワード TARI TARI 第04話 「怒ったり踊ったり」#taritari2012 #ep04 『TARI TARI』P.A.WORKSによるオリジナルアニメーション作品。監督は橋本昌和、『レイトン教授と永遠
[2012/07/24] URL 妖精帝國 臣民コンソーシアム