旅して恋してロックすりゃいいじゃん。

Kirakira_3





キラ☆キラ 感想


OVERDRIVEの作品を初プレイ!
それなりに有名(?)のキラ☆キラ

2007年の作品

■シナリオ


☆共通


青春はロックだ!! 青春はパンクだ!!

村上だっけ?最初そんなこと言ってた気がする
なんか「バンドやってたら絶対モテる!」的なノリで言い始めたw
なんだよその理論って感じだけどww

インディーズで名の知れているSTAR GENERATIONというバンドのライブを見に行くことになった鹿之助ときらり
そしてあくる日、きらりが「バンドやろう」ってことで始まったのがd2b(第二文芸部)バンド

割と軽いノリで始めたけど他の人達もオッケーしてくれて晴れてバンド結成
メンバーは4人組

前島鹿之助、椎野きらり、樫原紗理奈、石動千絵の4人

結成したはいいものの、バンドというものに付いて右も左もわからん状態の4人
そこに殿谷健太っつー現役バリバリスタジェネのギターが現れる

「君たちにはパンクバンドが良いと思うよ」

って言われてそれを目指し始める

・パンクってなんぞ?



Photo




1.パンクロッカーは何事にも従ってはいけない(アナーキーの精神)


2




2.パンクロッカーは保険をかけてはいけない(ノーフューチャーの精神)



このゲームではこういう方針で行くことになってる
分かりやすく言うと反社会
あとなんかパンクは怒りという表現もあるらしい
実際どうか知らんけどw

んでこの教えを気にしてメンバー達がいきなり汚い言葉使いまくっててワロタ
ファックとかシットとか言い始めてバイト出禁なったときは吹いたwww
そら店でそんな汚い言葉使ってたら怒られるわww


そんな感じでとりあえず楽器のほうも練習していく4人
初ライブは文化祭

文化祭目指して血眼で練習するメンバー
初ライブでは絶対成功させたいという気持ちが体に鞭打つ
当日

結果的にライブは大成功

パンクらしく派手なライブにしようということでかなり度が過ぎてしまって構内どこにいても聞き取れる大音声ライブになってしまい、先生たちにやり過ぎと注意されるがメンバーたちは超楽しそう

初だしその気持ちはわかるかも


これを気にこれを気に何故かライブツアーに行くことになる
いきなりツアーってのがすげぇw

スタジェネの伝手で名古屋のライブハウスに行ってライブ
慣れないところだったけどここでも成功を収める

次は大阪に行ってみないかってことでどんどん西に進む一向


大阪でのライブはボーカルのきらりが不調で途中退場
観客にヤジを飛ばされ他のメンバーも退場
ここでのライブは失敗に終わる

さすがにずっと成功続きってわけにもいかないらしい
ずっと成功続きだったらそれこそつまんないしね

しかしこれで終わる第二文芸部ではなかった


なんと数日後リベンジw

新曲をさらに作り挑む
今度は大成功で舞台を降りる

超端折ったけど、ここまで共通


■個別シナリオ


きらりEND1>>紗理奈END>千絵END>きらりEND2>>>>>>越えられない壁>>>>>恩田END


☆きらりEND1

ダントツかな
このENDはきらりが死んでしまう
きらりが死んでしまうシーンは不覚にも危なかった
てかマジヒロインのルート入ってるのに死ぬとは思わんかった・・・
涙腺との戦い
それをどう乗り越えて鹿之助が生きていくかというのが課題
自分との戦いでもある
結局きらりが死んでからも別のバンドで食いつないでいる鹿之助だけど、バンドはそれだけで食っていけるほど甘い世界じゃない
ぶっちゃけ安泰を求めるなら会社に就職でもしたほうがよっぽどマシ
それでも鹿之助はバンドを取った

Happy CYCLE MANIA という村上が新しく設立したバンドで鹿之助はベースを弾き続ける

命をかけて演奏します。
この、くそったれな世界に、精一杯の愛をこめて

最後の2文の台詞が良すぎて忘れることが出来なくなった
このルートは実はきらりENDじゃなくて鹿之助ENDなんじゃないかといつも思う


☆紗理奈END


大阪までは一緒なんだけど紗理奈ルートはなんかここから九州に向かって果ては沖縄まで行ってしまうw
沖縄の喫茶店にあるライブで最後

で紗理奈ルートはどちらかというとバンドとはちょっと離れて家族の話に
紗理奈と付き合いたい鹿之助だが、紗理奈の爺さんが猛反対するもんでそれを和解するのが目的
紗理奈の両親は幼い頃、父親は自殺、母親は病弱死していて紗理奈も母親の体質を受け継いでいるため体が弱い
爺さんは鹿之助と紗理奈が自分の子供と同じ末路を辿るのではないかと心配だったんだと思う

それでも説得するしかなく最後は爺さんも折れてくれて晴れて認めてもらえる恋人同士に
爺さんとも和解して終わり


☆千絵END

千絵はお父さんが別の女性と浮気しちゃって家庭崩壊する寸前
浮気してしまう方ももちろん悪いけど、浮気してしまうような家庭環境も悪かったんじゃないか、という尽きない疑問が浮かぶ

どんどん千絵ちゃんが病んでいくけど時間が解決するというのはよく言ったもので、どうでも良くなったとは違うけど次第に「仕方がないことだった」と割り切ることにする

千絵は最後で卒業式乗っ取りライブをするんだけどこれが良かったw
なんつーか厳粛な卒業式でパンクバンドが演奏してぶっ壊すとかwktkすぎんだろwww

入念に準備して決行

最高のマザーファッカーな卒業式になりました♪

最後に離婚した元父親とレストランで会話するシーンがある
この後どういう会話をしたかは語られてない

合言葉は「ロックンロール!!」←重要


☆きらりEND2

きらりEND2は完全にきらりEND1の救済版って感じで各々が自らの道を決めて生きていく
きらりEND2ではきらりではなくきらりの父親が死んでしまうけどね
きらりと鹿之助が付き合って終わりって感じ

こっちはきらりEND1が良すぎて個人的には微妙だった
でもスタッフロールが流れてる時の、スタジオセットの実写シーンを入れてくれてるのが良かったなぁ
感慨深いエンディングだった


■恩田END


正直このENDいらねぇだろwww
鹿之助に惚れてしまうも相手が男だったことを知ってしまい、お互い男では結ばれることが出来ないってことで去勢して女性ホルモン投与して女として生まれ変わった恩田と結ばれて終わる

マジ予想の右斜め上でした
でも恩田女性バージョンは正直可愛い・・・shit!






■キャラ


前島鹿子(鹿之助)>樫原紗理奈>石動千絵>白神翠>アキ>椎野きらり>古暮智>前島祐子



★前島鹿子


Kira_index_1




このゲーム始める前にチラっと絵だけ見てたんよ

「後ろのオレンジ色の髪の女の子かわええー!!!」


って感じでさ、やる気魔人になってプレイしましたよええ


この子女装した男だったんですよwwwwwwwwwwwwwwwwww(しかも主人公

その時、俺の中で何かが弾けたね

「もう男でもいいや」的な

だってぶっちゃけ鹿クンが一番可愛いんだから仕方ないじゃないw
これはマジでww

女装には理由があって、一応ガールズバンドっていう名目でやることになってたんで、男がいることは許されんのですよ
しかし鹿之助はメイクとかきっちりすると喋らない限り完全に外見は女の子に見えるらしい
それを利用してバンド内に女として溶け込むことに成功
超可愛いです

類智やらねばならんときが来たか・・・

ベース担当


★樫原紗理奈

金持ちのお嬢様
その癖性格はお淑やかでとても優しい
でも時折見せる決断力は目を見張るものがあり、車から携帯を投げ捨てたときは吹いたw

体が元より弱く、バンドやってること自体がすごい
息切れして死にそうなってるときもあったw
それと巨乳
おっぱいデカイ!

ギター担当


★石動千絵

他のメンバー達よりは1歳年上の姉的存在
家庭の事情で留年してた
メンバーの中では一番しっかりしていて理論で動くタイプ
慎重派でもある
家事一般が出来て、嫁にするなら間違いなく彼女

何故か獣肉が食べられない
鶏肉は食べられるww

ドラム担当


★白神翠


翠ちゃんは千絵ルートでしか出てこないサブキャラ
なんか妙に可愛い

極道の娘であり、母ちゃんが超恐い
本人もちょっと頭のネジが飛んでいることもあり、自傷癖あり
手首に刃物で傷つけたあとがある
だが病んでいるわけではなく性格は明るい


★アキ

HAPPY CYCLE MANIAのボーカル
一向が大阪に行ったとき絡まれていたのをきらりが助けた
その時はまだ子供だったけど、きらりルートでは月日が経って成長して出てくる
バリバリの大阪弁で口当たりもキツイけど、それはそれで好きなんだよなぁ


★椎野きらり


やはり俺はこういう元気キャラは苦手だ・・・w
ルート自体は素晴らしいがキャラだけで言うとちょっと、ね

天才的な歌唱力を持っていると言われて素晴らしい歌声を響かせる
メインヒロインと同時にd2bのボーカル担当


★古暮智

大阪のライブハウスの代理ブッキングマネージャーを務める
自分も別バンドでボーカルもしていて、気さくで良い人
何故かこの人だけサブキャラなのにエロシーンがあるw


★前島裕子

鹿之助の妹
正直可愛くないw
嫌味ったらしい言い方でネチネチ迫ってくるw
ちゃんと兄貴のことは思ってるところは評価


■曲


バンドが主体となってるゲームだけあって歌は素晴らしく良い

OP




Let's Jump!




君の元へ




O.H.B.I~卒業式ジャック~




Go on a trip




traveler




Lead to your dream




a song for...




Too Fast To Live Too Young To Die




Like a life,like a liveだけなかったでござる

一番好きなのは君の元へ
余裕のよっちゃんで一位


■総合

音楽、それもバンドをテーマにしたエロゲってのは恐らく珍しいものだと思う
そういう意味ではとても新鮮なエロゲでした




このイギリスのSex PistolsのGod Save The Queenって曲のオマージュ(てかまんまじゃね?w)と思われるBGMも入ってるw
ちゃんと音楽に知識がないと描けないシナリオだったし、興味深い話もあった

青春をバンドで謳歌するという組み合わせが気持ちいいくらいにしっくりきた
ライブツアーで軽く妄想旅行行った気分にもなれるのもいい
清水寺とか懐かしすぎて朗らかな気持ちになった

若いときは青春しといたほうがイイヨーみたいなメッセージも伝わって気がする
このゲームは若い時に青春してなければしてないヤツほど面白く感じると俺は思う
俺みたいな高校、大学となーんもせずボーッと過ごしてき人間にとっては痛烈な部分もあった
そして「もっと若い時に色々やっておくんだった」という後悔もちょっとした

音楽に全然興味ない人や知識がない人でもすんなり入れるし、誰でもプレイ出来る気軽さのある万人向けのゲームかと
評判通りの素晴らしいゲームでした

エロいらねって人はPS2でも出てるらしいんでそっちをどうぞ






S(神)

Ever17 -the out of infinity-   Steins;Gate    この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

A(優良)

車輪の国、向日葵の少女   G戦場の魔王   装甲悪鬼村正
11eyes -罪と罰と贖いの少女-   素晴らしき日々~不連続存在~
グリザイアの果実    キラ☆キラ←NEW


B(良)

CROSS†CHANNEL    車輪の国、悠久の少年少女   CHAOS;HEAD
俺たちに翼はない    3days -満ちてゆく刻の彼方で-

C(普)

装甲悪鬼村正 邪念編


D(微)

fortissimo//Akkord:Bsusvier



カーテンコールやりたくなってきた
関連記事
[ 2011/07/21 ]
ギャルゲ・エロゲ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/1501-43bb25dd