戦姫絶唱シンフォギアGX 第11話 「へいき、へっちゃら」

Gx_11_mp4_snapshot_0329_20150930_21



響「あのね、お父さん。本当にお母さんとやり直すつもり・・・?」

洸「本当だとも。お前が口添えしてくれたらきっとお母さんも――」


Gx_11_mp4_snapshot_0354_20150930_22



響「だったら!初めの一歩は、お父さんが踏み出して。逃げ出したのはお父さんなんだよ。帰ってくるのもお父さんからじゃないと」


Gx_11_mp4_snapshot_0409_20150930_21



洸「そいつは嫌だな。だって――怖いだろ?


Gx_11_mp4_snapshot_0418_20150930_21



響「・・・・・・・・」


Gx_11_mp4_snapshot_0432_20150930_21



洸「何より俺にも男のプライドがある(キリッ)」


Gx_11_mp4_snapshot_0352_20150930_21



響「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ブチィッ!!)『←何かが引き千切れた音』


Gx_11_mp4_snapshot_0451_20150930_21



洸「やっぱり俺一人では無理なんだ」


Gx_11_mp4_snapshot_0747_20150930_21



響「お前の返答はよぉ~くわかった。キャロルちゃん。あとはお願い」


Gx_11_mp4_snapshot_1006_20150930_21



キャロル「おう」


Gx_11_mp4_snapshot_1017_20150930_23



洸「な、なんだあの少女は?響の知り合いか?」


Gx_11_mp4_snapshot_1054_20150930_23



キャロル「お前の死刑執行人さ!!!!」


Gx_11_mp4_snapshot_0958_20150930_23



洸「え?えぇ!? どういうことだよ響!?」



Gx_11_mp4_snapshot_1021_20150930_21



キャロル「貴様の罪状を読み上げる。

立花響がとあるノイズの襲撃に巻き込まれて生き残った際、家庭は理不尽な仕打ちを被った。それに耐え切れず家族を捨て逃げ出したお前は最近になって立花響と再会。『やり直したい』という言葉に一縷の希望を見出せるかと思いきや本人はグダグダと言い訳をする。全くもって反省しておらず、家庭復帰を望むものの積極性に欠け、自ら家に赴くのではなく間に娘を挟んで仲介してもらうという間接的な手段を取ろうとする。ついでにレストランで金が無いからと言って娘に奢らせ呆れさせ出て行かれる。後日再会して心を入れ替えたかと思い、ほんの僅かな可能性に賭けたが結局は娘頼みで自分からは行動を起こそうとしない。他人から見ればこの上なくちっぽけな矜持だが彼にとってはそれが自分を支える最後の砦となっており頑として迎合する見込みはないと思われる。

これらの救いようのない事柄を総括し、立花洸に死刑を命じるッ!!」


Gx_11_mp4_snapshot_1052_20150930_23



洸「それだけで死刑とかあんまりじゃないか!これくらい誰だってやってるだろぅ!?」


Gx_11_mp4_snapshot_1119_20150930_23



キャロル「裁判長はオレだ!貴様に情状酌量の余地無し!死ねぃ!」


Gx_11_mp4_snapshot_1224_20150930_21



洸「ギャー!!」


Gx_11_mp4_snapshot_1231_20150930_23



響「ありがとうキャロルちゃん。これで害虫をこの世から一匹駆除出来たよ」


Gx_11_mp4_snapshot_1044_20150930_23



キャロル「しかし他人を救いたがるお前がこうも積極的に殺人を推し進めるとはな。何があったのだ?」


Gx_11_mp4_snapshot_1327_20150930_23



響「ちょっとばかし親友に相談しただけだよ。そしたらね――




Photo_2



へいき、へっちゃら。
親父、即殺。



っていう単純明快な返信で踏ん切りがついたんだ♪」


Gx_11_mp4_snapshot_1332_20150930_23



キャロル「とんでもねぇ当て字だッッッ!!!」

戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話 「悪役になりきれなかったウェル博士」

Gx_10_mp4_snapshot_0019_20150930_01



ウェル「久方ぶりの聖遺物。この味は甘く蕩けてクセになるゥゥゥーー!!」



Gx_10_mp4_snapshot_0027_20150930_01



クリス「まさか!?」

調「ウソ・・・!?」

切歌「ウソ・・・デスよ!」



Gx_10_mp4_snapshot_0038_20150930_01



ウェル「ウソナモノカ。ボクこそが真実の人――ドクタァァァーーーウェルゥゥゥーーーーーッッッ!!」


Gx_10_mp4_snapshot_0305_20150930_01



調「パパ!!

切歌「こんなところで会えるとは思わなかったデス!パパ!



Gx_10_mp4_snapshot_0338_20150930_01



ウェル「ンン~~??まだ外に出て時間が余り経ってないから耳の調子が悪いのか?今この場にとてつもなくそぐわない単語が聞こえてきたんだけどぉー?」


Gx_10_mp4_snapshot_0356_20150930_01



調「聞き間違いじゃない!あなたは私達のパパです!」

切歌「調の言うとおりデス」


ウェル「このガキ共はしばらく会わないうちに頭のネジでも外れてしまったのか?おい!教育はしっかりしとけよデカチチ!」


Gx_10_mp4_snapshot_0237_20150930_01



クリス「正直あたしもなんでこいつらがこんなこと言い出したのかわけわかんねーんだよ!」



Gx_10_mp4_snapshot_1801_20150930_01



調「パパがいたから私達は今まで戦ってこれた」

切歌「リンカーを生成出来るのはパパだけデス。パパと敵対するわけにはいかないデス!」



Gx_10_mp4_snapshot_0349_20150930_01



ウェル「脳内お花畑のガキはホント気楽でいいよナァ!!ありゃてめぇらを利用するためだけに作ったことも知らないで勝手に自分達のためだなんて勘違いしてやがる。ボクがどれだけのクズか知らないのか。優しさで作ったリンカーなんて1つも無いんだヨォーー!!」

Gx_10_mp4_snapshot_0504_20150930_01



クリス「クズって自覚はあったんだな


Gx_10_mp4_snapshot_1512_20150930_01



ウェル「そうさ!そして今回の事変に便乗し、世界を壊してボクは英雄になる!そのためには悪役を演じる必要があるんだ。故に!ボクを善人と思ってもらっちゃひじょ~に困るってワケ」


Gx_10_mp4_snapshot_0421_20150930_02



調「なんて言おうが私達の考えは変わりません」

切歌「折角だからマリアにも報告するデス」



Gx_10_mp4_snapshot_0438_20150930_01



調「マリア。私達のパパが目の前にいるわ!」


Gx_10_mp4_snapshot_1344_20150930_02



マリア「本当!?今すぐ行くわ!」


Gx_10_mp4_snapshot_0815_20150930_01



ウェル「やぁ、贋物アイドル。まさか君もボク慕うのかい?」


Photo



マリア「もちろんよ!マム亡き今、私達が唯一縋れるのはあなただけ!どんな形であれ、あなたは私達にとって父親なのよ」


Gx_10_mp4_snapshot_1509_20150930_02



ウェル「フゥゥーー!!ありったけの善意がボクを苦しめるゥゥゥーーーーーー!!!