中二病でも恋がしたい! 第12話 「恋の終わりは恋の始まり」

12flv_000227310



勇太「・・・だれ?」


12flv_000226684



早苗「やだなー先輩。凸森です♪凸森早苗です♪」


勇太「僕と付き合ってください。お願いします」

早苗「告白はやっ!というか冨樫先輩にはマス――――じゃなくて小鳥遊先輩がいるでしょ!」

勇太「拒否しないところをみるとOKなんですね?」

早苗「ちょっと強引過ぎんよ~。だから・・・」



12flv_000249207



勇太「うるせー!俺はお前が気に入ったんだよ!四の五の言わずに付き合えや(横暴)」

早苗「あっ、やめてください~!髪は女の命なんですよ~!」

勇太「こんな美少女の髪の毛をくんかくんかせずにいられるか! フゥ~↑↑スッゲーいい匂いがするゾ~

早苗「わかった、わかりましたから!一つだけ条件を飲んでくれれば冨樫先輩と付き合います!」


勇太「なに?」

早苗「小鳥遊先輩との関係にちゃんと終止符を打ってきてください。じゃないと後になって色々と問題が残りますから」


12flv_000263012



勇太「あいつとは何も無かったんだって(チャラ男確定)

早苗「そんなわけないでしょ!?あれだけ進展してたのに!」

勇太「そんなこと言ったってあいつが勝手に俺から離れていきやがったんだぜ?全く女ってヤツは本当に理解不能な生き物だぜ」

早苗「それを私の前で言いますか・・・。小鳥遊先輩は冨樫先輩に引き止めて欲しかったんですよ!いつの世も女は受け手になると相場が決まっているんです。受け手に回ったと気づいたなら男の甲斐性が試される時ですよ。そこで引き止めるのが男ってもんです。黙って行かせるなんて意気地無しもいいところです!」

勇太「わかったわかった!つまり六花との関係を清算してくればいいわけだ」

早苗「そうです!(まぁ小鳥遊先輩が冨樫先輩との関係を断つなんて絶対にあり得ませんケドね)」







12flv_001003085



勇太「六花ーー!お前と話したい事がある!」


12flv_000973847



六花「君じゃ話になんないからもう私の事は忘れて、どうぞ(決別)

勇太「Yeah!!


12flv_000253253



勇太「じゃけん付き合いましょうね(ニッコリ)」

早苗「ありえねーーーーっ!!」