戦姫絶唱シンフォギアGX 第13話 「愛していた日々 愛したあの日々 愛故・・・永眠 ―― ねむらせる ―― 」

Gx_13_mp4_snapshot_1029_20151003_23



響「諦めない!奇跡だって手繰ってみせる!」


Gx_13_mp4_snapshot_1032_20151003_23



キャロル「奇跡は呪いだ。縋るものを取り殺す!」


Gx_13_mp4_snapshot_1040_20151003_23



キャロル「うわあああっ!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1041_20151003_23



響「キャロルちゃん!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1050_20151003_23



キャロル「お前の歌で救えるものか!誰も救えるものかよッ!!」


Gx_13_mp4_snapshot_1100_20151003_23



響「それでも救う!抜剣!」



Photo



響「救出完了です・・・


Gx_13_mp4_snapshot_1104_20151003_23



キャロル「オレを救出するためじゃなく、オレの三つ編みのために全力を使っただと・・・?」


Gx_13_mp4_snapshot_1054_20151003_23



響「女の子なのに髪を粗末に扱う奴は許さん!(髪フェチ)


キャロル「不可抗力なんですがそれは・・・」


Gx_13_mp4_snapshot_1952_20151003__2



洸「響、ちょっとそれを貸してくれないか?」

響「いいけど、何に使うの?」

洸「それは秘密」



Gx_13_mp4_snapshot_2303_20151003_23



洸「やり直したいんだ!みんなで!もう一度!だから!」

響の母親「・・・」

洸「そういう反応されると思ってたから一発芸を用意してきました」











Photo



洸「じゃ~ん♪ちょんまげ~♪ オナシャス!」



1



響の母親「(これどういうリアクションしたらいいのかしら・・・)

響「ママン引いてるじゃねーか!!!


おばあちゃん「やめときなお前。一度出てった奴を今更信用なんて出来やしないよ。ましてや女の子の髪を自分の頭に植え込む変態趣味の男だったとは私も予想外だった

響の母親「・・・そうね。あなたには悪いけど・・・」


Gx_13_mp4_snapshot_2325_20151003_23



響「やっぱりお母さんの答えは私の予想したとおりだった」

洸「ということは――」


Photo_3



響「お父さんとお母さんまだ離婚届提出してなかったよね。だったら今から二人で書こっ♪

洸「やめてくれよ・・・(絶望)

戦姫絶唱シンフォギアGX 第12話 「グラップラーキャロル」

Gx_12_gxmp4_snapshot_0233_20151001_2_2



キャロル「女と生まれたからには
誰でも一生のうち一度は夢見る
『地上最強の女』

戦姫絶唱シンフォギアGX 第11話 「へいき、へっちゃら」

Gx_11_mp4_snapshot_0329_20150930_21



響「あのね、お父さん。本当にお母さんとやり直すつもり・・・?」

洸「本当だとも。お前が口添えしてくれたらきっとお母さんも――」


Gx_11_mp4_snapshot_0354_20150930_22



響「だったら!初めの一歩は、お父さんが踏み出して。逃げ出したのはお父さんなんだよ。帰ってくるのもお父さんからじゃないと」


Gx_11_mp4_snapshot_0409_20150930_21



洸「そいつは嫌だな。だって――怖いだろ?


Gx_11_mp4_snapshot_0418_20150930_21



響「・・・・・・・・」


Gx_11_mp4_snapshot_0432_20150930_21



洸「何より俺にも男のプライドがある(キリッ)」


Gx_11_mp4_snapshot_0352_20150930_21



響「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ブチィッ!!)『←何かが引き千切れた音』


Gx_11_mp4_snapshot_0451_20150930_21



洸「やっぱり俺一人では無理なんだ」


Gx_11_mp4_snapshot_0747_20150930_21



響「お前の返答はよぉ~くわかった。キャロルちゃん。あとはお願い」


Gx_11_mp4_snapshot_1006_20150930_21



キャロル「おう」


Gx_11_mp4_snapshot_1017_20150930_23



洸「な、なんだあの少女は?響の知り合いか?」


Gx_11_mp4_snapshot_1054_20150930_23



キャロル「お前の死刑執行人さ!!!!」


Gx_11_mp4_snapshot_0958_20150930_23



洸「え?えぇ!? どういうことだよ響!?」



Gx_11_mp4_snapshot_1021_20150930_21



キャロル「貴様の罪状を読み上げる。

立花響がとあるノイズの襲撃に巻き込まれて生き残った際、家庭は理不尽な仕打ちを被った。それに耐え切れず家族を捨て逃げ出したお前は最近になって立花響と再会。『やり直したい』という言葉に一縷の希望を見出せるかと思いきや本人はグダグダと言い訳をする。全くもって反省しておらず、家庭復帰を望むものの積極性に欠け、自ら家に赴くのではなく間に娘を挟んで仲介してもらうという間接的な手段を取ろうとする。ついでにレストランで金が無いからと言って娘に奢らせ呆れさせ出て行かれる。後日再会して心を入れ替えたかと思い、ほんの僅かな可能性に賭けたが結局は娘頼みで自分からは行動を起こそうとしない。他人から見ればこの上なくちっぽけな矜持だが彼にとってはそれが自分を支える最後の砦となっており頑として迎合する見込みはないと思われる。

これらの救いようのない事柄を総括し、立花洸に死刑を命じるッ!!」


Gx_11_mp4_snapshot_1052_20150930_23



洸「それだけで死刑とかあんまりじゃないか!これくらい誰だってやってるだろぅ!?」


Gx_11_mp4_snapshot_1119_20150930_23



キャロル「裁判長はオレだ!貴様に情状酌量の余地無し!死ねぃ!」


Gx_11_mp4_snapshot_1224_20150930_21



洸「ギャー!!」


Gx_11_mp4_snapshot_1231_20150930_23



響「ありがとうキャロルちゃん。これで害虫をこの世から一匹駆除出来たよ」


Gx_11_mp4_snapshot_1044_20150930_23



キャロル「しかし他人を救いたがるお前がこうも積極的に殺人を推し進めるとはな。何があったのだ?」


Gx_11_mp4_snapshot_1327_20150930_23



響「ちょっとばかし親友に相談しただけだよ。そしたらね――




Photo_2



へいき、へっちゃら。
親父、即殺。



っていう単純明快な返信で踏ん切りがついたんだ♪」


Gx_11_mp4_snapshot_1332_20150930_23



キャロル「とんでもねぇ当て字だッッッ!!!」

戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話 「悪役になりきれなかったウェル博士」

Gx_10_mp4_snapshot_0019_20150930_01



ウェル「久方ぶりの聖遺物。この味は甘く蕩けてクセになるゥゥゥーー!!」



Gx_10_mp4_snapshot_0027_20150930_01



クリス「まさか!?」

調「ウソ・・・!?」

切歌「ウソ・・・デスよ!」



Gx_10_mp4_snapshot_0038_20150930_01



ウェル「ウソナモノカ。ボクこそが真実の人――ドクタァァァーーーウェルゥゥゥーーーーーッッッ!!」


Gx_10_mp4_snapshot_0305_20150930_01



調「パパ!!

切歌「こんなところで会えるとは思わなかったデス!パパ!



Gx_10_mp4_snapshot_0338_20150930_01



ウェル「ンン~~??まだ外に出て時間が余り経ってないから耳の調子が悪いのか?今この場にとてつもなくそぐわない単語が聞こえてきたんだけどぉー?」


Gx_10_mp4_snapshot_0356_20150930_01



調「聞き間違いじゃない!あなたは私達のパパです!」

切歌「調の言うとおりデス」


ウェル「このガキ共はしばらく会わないうちに頭のネジでも外れてしまったのか?おい!教育はしっかりしとけよデカチチ!」


Gx_10_mp4_snapshot_0237_20150930_01



クリス「正直あたしもなんでこいつらがこんなこと言い出したのかわけわかんねーんだよ!」



Gx_10_mp4_snapshot_1801_20150930_01



調「パパがいたから私達は今まで戦ってこれた」

切歌「リンカーを生成出来るのはパパだけデス。パパと敵対するわけにはいかないデス!」



Gx_10_mp4_snapshot_0349_20150930_01



ウェル「脳内お花畑のガキはホント気楽でいいよナァ!!ありゃてめぇらを利用するためだけに作ったことも知らないで勝手に自分達のためだなんて勘違いしてやがる。ボクがどれだけのクズか知らないのか。優しさで作ったリンカーなんて1つも無いんだヨォーー!!」

Gx_10_mp4_snapshot_0504_20150930_01



クリス「クズって自覚はあったんだな


Gx_10_mp4_snapshot_1512_20150930_01



ウェル「そうさ!そして今回の事変に便乗し、世界を壊してボクは英雄になる!そのためには悪役を演じる必要があるんだ。故に!ボクを善人と思ってもらっちゃひじょ~に困るってワケ」


Gx_10_mp4_snapshot_0421_20150930_02



調「なんて言おうが私達の考えは変わりません」

切歌「折角だからマリアにも報告するデス」



Gx_10_mp4_snapshot_0438_20150930_01



調「マリア。私達のパパが目の前にいるわ!」


Gx_10_mp4_snapshot_1344_20150930_02



マリア「本当!?今すぐ行くわ!」


Gx_10_mp4_snapshot_0815_20150930_01



ウェル「やぁ、贋物アイドル。まさか君もボク慕うのかい?」


Photo



マリア「もちろんよ!マム亡き今、私達が唯一縋れるのはあなただけ!どんな形であれ、あなたは私達にとって父親なのよ」


Gx_10_mp4_snapshot_1509_20150930_02



ウェル「フゥゥーー!!ありったけの善意がボクを苦しめるゥゥゥーーーーーー!!!

戦姫絶唱シンフォギアGX 第09話 「夢の途中」

Gx_09_mp4_snapshot_0604_20150929_00

翼「お父様!沙汰も無く申し訳ありませんでした・・・」



Gx_09_mp4_snapshot_0607_20150929_00



八紘「お前がいなくとも、風鳴の家に揺らぎはない。務めを果たし次第、戦場に戻るがいいだろう」



Gx_09_mp4_snapshot_0625_20150929_00



マリア「待ちなさい!あなた翼のパパさんでしょ!?だったらもっと他に――!」


翼「いいんだマリア」


マリア「でも!」

翼「私達はこういう関係なんだ」



Gx_09_mp4_snapshot_0925_20150929_00Gx_09_mp4_snapshot_0927_20150929_00



ファラ「あなた達が大事に守ろうとしていた要石は破壊させてもらったわ」


Gx_09_mp4_snapshot_1232_20150929_00



八紘「傷の具合は?」


Gx_09_mp4_snapshot_1256_20150929_00



翼「痛みは殺せます」



Gx_09_mp4_snapshot_1240_20150929_00



八紘「ならばここを発ち、しかるべき施設にてこれらの情報の解析を進めるといい。お前が守るべき要石はもうないのだ」

翼「・・・わかりました」



Gx_09_mp4_snapshot_1253_20150929_00



マリア「それを合理的というのかもしれないけど、傷付いた自分の娘にかける言葉にしては冷たすぎるんじゃないかしら」

翼「いいんだマリア」



Gx_09_mp4_snapshot_1304_20150929_00



マリア「あれは何だ!?国家安全のスペシャリストかもしれないが家族の繋がりを蔑ろにして!」


Gx_09_mp4_snapshot_1316_20150929_00



翼「話の続きは中でしよう」


Gx_09_mp4_snapshot_1324_20150929_00



マリア「ん?ゴミ屋敷かな?

翼「私の部屋だ!!」



Gx_09_mp4_snapshot_1335_20150929_00



マリア「まず片付けろ(命令)

翼「散らかっていると便利なんだぞ。欲しいと思った物がすぐ手に取れる。整頓しておくといちいち出し入れしなければいけないから手間なんだ」


Gx_09_mp4_snapshot_1338_20150929_00



マリア「こいつぁ嫁の貰い手がねーぜ・・・」

翼「何故そう思う?」



Gx_09_mp4_snapshot_1405_20150929_00



マリア「古来より女は炊事洗濯掃除が出来るのが必須ステータスなの。そんなことも知らなかったの?」

翼「はっはっは。マリアは前時代的な考えを主張するんだなw 今は女も稼ぐ時代だぞ。私が働き、家の事は夫に任せる。これぞ完璧な布陣だ」


Gx_09_mp4_snapshot_1453_20150929_00



マリア「それはただ単に家事をしたくないだけの逃げ口上では?」

翼「そうともいえる」

マリア「おい」



Gx_09_mp4_snapshot_1543_20150929_00



ファラ「はぁ~い。ヒマだからまた来ちゃった」


Gx_09_mp4_snapshot_1651_20150929_01



翼「お前ごとき私一人で十分だ!」



Gx_09_mp4_snapshot_1655_20150929_01



ファラ「あなたじゃ私の哲学兵装には勝てなくてよ」



Gx_09_mp4_snapshot_1713_20150929_00



翼「くっ!」


Gx_09_mp4_snapshot_1758_20150929_00



八紘「歌え翼!」



Gx_09_mp4_snapshot_1743_20150929_00



翼「お父様・・・!?ですが私では風鳴の道具にも剣にも・・・っ」


Gx_09_mp4_snapshot_1843_20150929_00



八紘「ならなくていい!夢を見続ける事を恐れるな!」


Gx_09_mp4_snapshot_1748_20150929_00



翼「わかりました。ですがその――」


Photo



翼「なにゆえ池に浸かっておられるのですか・・・?」


八紘「なあに気にするでない。お前の苦痛を少しでも共有したくてな。冷水に浸かって忍耐の修行といこうではないか」


翼「今は夏なので冷たいというよりは涼しく感じるはずですが」

八紘「心頭滅却すれば"水"もまた涼し。何事も気の持ちようということだな」

翼「水が冷たいのは当たり前じゃねーか!!」



Gx_09_mp4_snapshot_1805_20150929_00



マリア「そうだ。翼の部屋、10年間そのまんまなんかじゃない!散らかっていても塵一つなかった!お前との想い出を無くさないようそのままに保たれていたのがあの部屋だ!娘を疎んだ父親のすることではない!いい加減に気付けバカ娘!お前の父親は影で支えてくれていたんだ!」


Gx_09_mp4_snapshot_1800_20150929_00



翼「良い事言ってるつもりだろうがこのシュールな絵面は笑うとこだろ」